キンコン梶原が語る『M−1』批判が的確すぎると話題 番組への不満に「納得!」

キングコング・梶原雄太が『M-1グランプリ2018』の不満語る。その理由に納得の声が相次いだ。

梶原雄太・カジサック

お笑いコンビ・キングコングが9日に自身のユーチューブチャンネルに動画を投稿。物議を醸した『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)について不満を語り、話題になっている。



 

■「実際見て面白いのに…なんかハネてない」

梶原雄太は、番組の演出についての不満を吐露する。ことしは午後6時34分から3時間半にわたって放送されていたが、「(番組が始まってから)ネタ始まるまでに1時間くらいあんねん」と指摘。ルール説明や審査員紹介、コンビの出演順を決める「笑神籤(えみくじ)」など段取りが多いことから会場の雰囲気が重くなってしまったと語る。

前評判では「今回の『M-1』が歴代1番面白い」との声も聞き、期待していたが「実際見て面白いのに…なんかハネてない。なんで? なんで?」と驚いたようだ。「お客さんは絶対悪いお客さんじゃないのよ」と観覧客の質は悪くなかったとし、普段は笑う客すらも会場の重い空気に飲まれていたと推測。

そして、その理由を突き詰めると、やはり番組放送からネタ開始までの重々しい空気作りが原因だと指摘した。


関連記事:平愛梨、手作りオムライスが物議を醸す 「これはひどい」「全然笑えない」

 

■番組が上沼に話を振りすぎ?

また、しらべぇ既報のとおり上沼恵美子の審査に疑問の声があがっていたが、梶原は「絶対的に、好き嫌いを出したい方じゃないんですよ」と擁護。

しかし、見られ方によっては誤解されてしまう面もあるとし、それを過剰に拾い上げたのがとろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智だったと語る。

上沼といえば、昨年にマヂカルラブリーに毒舌を吐いたことで大いに盛り上がっていたが、番組側もこれに味をしめてか上沼から意見を聞き出そうとしすぎていると指摘。「いうても(上沼に話を)振りすぎやと思うもん」と不満を語る。

一方で相方の西野亮廣は「でも視聴者的には見たいわけもね。ちょっと酷評されてるところを」と演出意図に理解を示した。

次ページ
■「なるほど」「たしかに不快だった」