和牛水田、上沼恵美子を擁護して物議醸す 「いい子ぶるな」「同類じゃん」

和牛・水田信二が上沼恵美子の『M-1』審査に持論。久保田かずのぶ、武智の暴言では笑顔だったが…。

和牛・水田信二
(画像は和牛・水田信二公式Twitterのスクリーンショット)

とろサーモン・久保田かずのぶ、スーパーマラドーナ・武智の上沼恵美子批判。上沼の審査に問題があるのではないかと、インスタライブで訴えていた。

このことについて、その席に同席していた和牛・水田信二の発言が物議を醸している。


 

■上沼審査に「なんの問題もない」

報道によれば、11日に都内の会見に登場した水田は、上沼の審査について「何の問題もない」と不満を抱いていないことを明かす。

しらべぇ既報のとおり、好き嫌いで判断しているのではないかと声があがっていた上沼の審査だが、水田は「上沼さんの『好き』っていうのは、『面白い』の言い方」だとし、「嫌い」という言葉も「面白くない」と言っているだけに過ぎないと擁護。つまり、上沼は私情ではなくきちんと審査していると主張した。


関連記事:夫からふたりきりで温泉旅行に誘われた妻 「絶対に行きたくない理由」に共感の声

 

■「良い対応」「被害者の立場なのに」

久保田と武智のインスタライブに同席していたことで注目されていただけに、水田の意見が聞けて喜ぶファンは少なくないはず。『Yahoo!ニュース』やツイッターでは水田の発言を支持する声が寄せられている。

「良い対応だと思います。同席していたものの矢面に立たされなかったのだから、それでいいと思います。上沼さんも興味ないでしょう」


「水田さんが上沼さんの審査について何とも思ってないの当たり前じゃん…ほんとあの場にいたってだけのどっちかと言えば被害者の立場なのに」


「水田さんの発言がいいですね。頷けます。それに和牛の漫才はすばらしいです。ネタも大好きです」

次ページ
■人の悪口を聞かされるのは疲れる?

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ