『風の谷のナウシカ』来年12月に歌舞伎公演決定 「王蟲役に香川照之」を推す声が続出

『5時に夢中!』で歌舞伎公演が決定したスタジオジブリ・宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』について言及…

香川照之
(画像は香川照之公式Twitterのスクリーンショット)

スタジオジブリ・宮崎駿監督のアニメ映画『風の谷のナウシカ』が2019年12月に歌舞伎として舞台公演される。

13日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)でも同話題に言及。新潮社出版部部長・中瀬ゆかり氏らが歌舞伎化への持論を展開、番組では王蟲役に俳優・香川照之を押す声を紹介した。


 

■宮崎駿の名作

sirabee0706ookiakikoziburi001

産業文明や環境破壊をテーマとした1984年公開の同作。もとは宮崎監督が1982年から12年かけて連載した漫画のアニメ映画化作品であり、代表作のひとつだ。

宮崎監督作品が歌舞伎化するのはこれが初。12月に新橋演舞場で上演する歌舞伎版は尾上菊之助が発案、主人公のナウシカ役を務める。また皇女クシャナ役は中村七之助、ほかに尾上松也、坂東巳之助らも出演すると発表された。


 

■王蟲役には香川照之を!

この一報を受け、中瀬氏は『ワンピース』なども歌舞伎化されている点に触れながら「最近、アニメ・漫画の歌舞伎化が増えている。イメージしたら悪くないかも」と期待を膨らませた。

また、虫好きとしても知られる香川照之に焦点を当て番組はネットの声を紹介。

「王蟲役はカマキリ先生(香川)で!」


「ワイヤーで吊られて宙を舞う王蟲役の香川照之の姿しかイメージできない」


「目を真っ赤にする香川王蟲、楽しみ」


『ナウシカ』を象徴する虫型の巨大生物・王蟲に、歌舞伎役者としても活躍する個性派俳優を推す声があがっていた。

次ページ
■視聴者の反応は…

あなたにオススメ