マコーレー・カルキン、『ホーム・アローン』再演! グーグルが公開した動画が感慨深い

映画『ホーム・アローン』主人公のケビン演じた俳優のマコーレー・カルキンが、28年の時を経て同作を再演し、反響を集めている。

エンタメ

2018/12/22 15:30

マコーレー・カルキン
(画像は「Home Alone Again with the Google Assistant」のスクリーンショット)

映画『ホーム・アローン』で主人公のケビン・マカリスターを演じた俳優のマコーレー・カルキンが、28年の時を経て同作を再演。米Googleが公開した動画が大きな反響を集めている。



 

■この映画の季節がやってきた

マコーレー・カルキンの代表作といえば、主演を務めたコメディ映画『ホーム・アローン』(1990年)、『ホーム・アローン2』(1992年)だろう。

クリスマスに起きるドタバタコメディ作品だが、日本でもこの時期に放送されることが多いため、幅広い世代に知られている作品ではないだろうか。ちなみに、14日と21日も『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)では、2週連続で放送された。


関連記事:仙台駅にアイドルの出待ちファン殺到で新幹線遅延 「イモトを見習え」の声も

 

■主役ケビンの28年後…

19日(日本時間20日)、GoogleのYoutube公式チャンネルで公開されたのは、「もしもケビンが大人になったら…」と、当時10歳だったカルキンを、現在38歳のカルキンが再演。オリジナルを彷彿させる場面もあり、作品を観たことがある人なら懐かしさを感じるだろう。

ベッドの上で飛び跳ねると腰を痛めるなど、老いを感じる変化も見られるが一番の変化は、ケビンが音声認識の人工知能「Googleアシスタント」を使いこなしている。

次ページ
■1日で1000万回の再生

この記事の画像(1枚)