河北麻友子、高校時代の校則「校門前で一礼」に毒づき反響 「何に一礼?」「神社か!」

モデルでタレントの河北麻友子がバラエティ番組『ちゃちゃ入れマンデー』に出演し、高校時代の校則について語った

エンタメ

2019/01/12 05:00

河北麻友子

モデルでタレントの河北麻友子が出演したバラエティ番組『ちゃちゃ入れマンデー』(関西テレビ)で、高校時代の校則について言及した。


 

■月に1回の検査に「ヒマか!」

アメリカ・ニューヨークで生まれ育った河北は、本格的に芸能活動を始めるため、2008年に渡日。多くの芸能人が通うことで有名な堀越高校に通っていた。

以前も、他番組で「男女交際禁止、ピアス禁止、茶髪禁止、学校周辺のコンビニ立ち寄り禁止」との校則を話し、月に1回の身だしなみ検査について「ヒマか!」と吐き出していた河北。


 

■「何に一礼?」「来場者用のスリッパを…」

今回も、MCを務める東野幸治に「日本に来て、校則にビックリしたこと」を振られ、「校門入るときに一礼する」という堀越の校則を紹介。

この校則には「何に一礼しているんですか?」「なんでみんな止まってるんだろう」と理解ができなかったようでスルーしていたようだが、教師には「すごい怒られた」という。

また、日本の小中学校では当たり前となっている上履きの履き替えだが、堀越高校でも履き替えなければいけない校則があったそうだ。

アメリカには上履きというものが存在しないため「なんで靴を履き替えるのかが分からなくて」と疑問を抱いた河北は「上履き持って行かずに、毎日来場者用のスリッパ履いてました」と語った。

ネット上では「入る前に一礼って神社か!」とのツッコミや「堀越…ブラック校則だ」「誘惑の多い芸能界だから、あえて厳しくしてるのかな」といった声が寄せられている。

次ページ
■林修氏も「ブラック校則」を一蹴

あなたにオススメ