自分には「霊感がある」と思う? 霊場として有名な地域で目立つ傾向も

「第六感」などとも呼ばれる、人知を超えた不思議な感覚。「自分にはある」と考えている人の割合は…

ライフ

2019/01/19 18:30

幽霊
(Bubbers13/iStock/Getty Images Plus)

人間には視覚、聴覚など五感が備わっているが、それらを超えた超自然的な感覚のことを「第六感」「霊感」と呼ぶことがある。大ヒットしたハリウッド映画『シックス・センス』は、文字通り「第六感」がテーマの作品だ。

霊魂のようなものが見えてしまう、虫の知らせがよくあたる、金縛りによくあう…など、霊感にもさまざまな形があるが、それを自覚している人はどれくらい存在するのだろうか。



 

■約1割が霊感を自覚

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,357名を対象に調査したところ、全体の9.7%が「自分は霊感があると思う」と回答。

霊感

恐山のイタコや巫女など、霊感は女性のほうが強そうなイメージがあるかもしれないが、男性は10.4%、女性は9.0%とわずかながら男性が女性を上回っている。


関連記事:「芸能人に似てる」と言われたことある? 意外な男女差と自意識過剰な世代も明らかに

 

■女性は60代に目立つ

さらにくわしく見るために、この調査結果を男女・年代別で分析してみると…

霊感

もっとも霊感を自覚している人の割合が高いのは50代男性で14.2%。30代男性と60代女性が13.5%で続く。一方、それ以外の年代ではかなり低く、20代男性では6.0%にとどまった。


■四国・東北は霊感エリア?

地域別でも見てみよう。

霊感

霊感があると答えた人の割合がもっとも高かった地域は、四国で14.3%。お遍路さんが巡る数々の霊場が4県に点在していることでも、よく知られるエリアだ。

また、2位の東北は13.2%。青森の恐山は、比叡山、高野山と並んで「日本三大霊場」ともされており、また、岩手県に伝わる精霊「座敷わらし」も有名だ。

一方、甲信越や北陸はかなり低く、「霊感率」が1桁台の前半となった

・合わせて読みたい→巨乳を自覚している女性が多いエリアはどこだ? 最下位の地域とは5倍の差が開く結果に

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国の20〜60代の男女計1,357名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)