中居正広の人生相談テクニックがすごすぎる 「優しくてあたたかい」と拍手喝采

『中居くん決めて!』に、25歳で戦力外通告された元プロ野球選手が出演。そのセカンドキャリアについて、中居正広がアドバイスした。

エンタメ

2019/01/22 14:30

中居正広

21日放送のバラエティ番組『中居くん決めて!』(TBS系)に、25歳の若さで戦力外通告された元プロ野球選手が登場。引退後のセカンドキャリアについて、中居がアドバイスを送った。



 

■華々しいキャリアでプロの世界へ

中居に人生相談する元プロ野球選手は、白根尚貴氏。小学1年生で野球を始め、すぐに頭角を現し、中学生になると、エースで主砲として全国大会へ。高校では最速150キロの剛速球、高校通算40本と高い存在感を示した。

そして、福岡ソフトバンクホークスからドラフト1位で指名され、プロの世界へ。そのあと、横浜DeNAベイスターズへ移籍するなど、2球団を渡り歩くが、結果を出せないまま、戦力外通告されてしまう。

白根氏は今回、「高めの給料で飲食店の雇われ店長になるのか」、もしくは、「給料は少なくなるが野球の指導者の道へ進むか」を中居に相談した。


関連記事:工藤静香、手作りの漬物がヤバすぎると騒然 「人柄が出てる」「勿体ない…」

 

■中居「いいんだよ! 曲げて」

サンドイッチマンの伊達みきおが「例えば独立リーグとか、現役でやりたい気持ちは?」と問うと、白根氏は「プロ野球選手でクビになったら、もうそれ(プロ)以外で野球をしないと言っているので、そこは自分で曲げたくない」と話す。

それを受け、中居は「いいんだよ! 曲げて。その時と今の白根選手は環境が違うわけですから。環境が変わったら、志は変わりますので。」と持論。

「野球に対してまだできるって自信があるなら、独立リーグなり社会人なり挑戦するのもいいと思いますよ」と新たな選択肢を提示した。

また、「家族を思うのであれば飲食店もいいと思う」というアドバイスも。しかし、「野球に携わっていたほうが今後に繋がると思う」と、「給料は安くても野球関係の仕事に就いた方が良い」と最終的に意見。白根氏は「今は野球一本で考えている」と結論を出した。

次ページ
■中居のアドバイスに称賛の声