69歳女性の車に突入された洋菓子店 営業再開後に起きた「まさかの悲劇」に衝撃

三重県名張市の洋菓子店に車が突入しドアなどが損傷。営業4日後に待ち受けていた悲劇とは…。

開店
(Suwaree Tangbovornpichet/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

三重県名張市の洋菓子店に、同市に住む男性(69)が運転する乗用車が突っ込む事故が発生した。その3週間前にも動揺の事故が起きており、ネット上では「かわいそう」との声が相次いでいる。


 

■営業再開4日後に…

報道によれば28日午前11時50分頃、同市の洋菓子店に男性が運転する乗用車が店のガラスドアを破って突っ込む事故が発生。車は店内のショーケースにまで達しており、店内にいた女性従業員(28)が転倒し左足に軽傷を負った。男性は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているという。

また、現場では5日にも洋菓子店と隣の空き店舗に乗用車が突っ込む事故が発生しており、運転していた女性(69)が負傷。女性は「アクセルを踏みすぎた」と話しているという。

事故による影響で洋菓子店はガラスやドアなどが損傷し、24日に営業を再開したばかりだった。


 

■「泣きっ面に蜂」「がんばってほしい」と同情

営業再開から4日後にまたも同様の事故が発生した洋菓子店だが、ネット上では「あまりにもかわいそう」「1ヶ月に2回も事故なんて…」と同情の声があがっている。

「泣きっ面に蜂を体現するような事故ですね…」


「気の毒すぎる…」


「こりゃなんというか…がんばってほしい」


また、両事故とも69歳の高齢者ドライバーということもあり、運転免許返上を訴える声も。

「65歳以上の運転免許は、原則返上にして欲しい。どこまで放置するつもりなのでしょうか?」


■アクセルとブレーキを踏み間違えた経験は…

二度にわたって店に車が突っ込むという不運な事故。「エクストリーム事故」「ダイナミック入店」といった笑い声もみられるが、アクセルの踏みすぎやブレーキと踏み間違いは大事故に発展する可能性もある。

しらべぇ既報のとおり、約2割が「アクセルとブレーキを踏み間違えたことがある」と回答。年代別で比較すると20代がもっとも多く、3割にもおよんでいる。一方で50代以上では2割ほどであり、「踏み間違いは高齢ドライバーのもの」という見解は思い込みに過ぎないようだ。


営業再開4日後の洋菓子店を襲ったまさかの悲劇。事故にめげず、また営業を再開することの望みたい。

・合わせて読みたい→シフトレバーをドライブのまま降車し90歳女性を轢き殺す 単純ミスで事故誘発の男に怒り殺到

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ