小籔千豊、騒動受け「たむけんに『おもろない』は褒め言葉」 その真意に称賛相次ぐ

『アッコにおまかせ!』では芸人たむらけんじとラーメン店間の騒動について言及。同じ吉本の小籔千豊が言及。

エンタメ

2019/02/10 14:30

小籔千豊

10日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、お笑い芸人のたむらけんじがラーメン屋に罵倒されたという話題の騒動について、大きく扱われた。

各ゲストが相次いでラーメン店に怒りのコメントを呈すなか、同じくお笑い芸人であり、吉本新喜劇座長の小籔千豊が発したある言葉が、ネットで話題となっている。


 

■店謝罪も再び批判

しらべぇでも既報のこの騒動だが、きっかけは、たむらのプライベートでの入店だった。1月22日、たむらは大阪市内のあるラーメン屋を訪れた際、店の人に記念撮影を頼まれたという。

後日、同店の社長がツイッターを更新し、たむらの入店報告とともに「マイク、カメラなかったらおもろ無い奴でした」と投稿。たむらは、「うそでしょ?」などとツイッターに書き込み、大炎上する事態に。

たむらは「もう、(店への批判)やめましょう」と沈静化を促すなど冷静な対応を貫き、店側も謝罪。これで終わるかと思いきや、後日店側が「今、1番ホットなラーメン屋」とツイートし、再び批判を浴びることとなっていた。


 

■「カメラあってもおもんない」

騒動が紹介されると、小藪は、「(たむらを知る)われわれからしたら、これ(おもろない)は褒め言葉ですよ」とコメント。その真意について、

「たむらさん、マイク、カメラあってもおもんないときありますからね」


と解説。さらにたむらの同期芸人でもある陣内智則が便乗し、

「アッコさん、これはほんまなんです。小藪の言うとおりなんです。誤解してほしくない。たむけんはすごく正義感あって、すごく良い奴で、すごく大好きやけど、カメラ、マイクあってもそんなに面白くない」


と語り、スタジオを笑いの渦に巻き込んだ。

次ページ
■「イジり100点」と称賛相次ぐ

あなたにオススメ