ストーカー男に悩まされていた女性 最悪の結末に「胸糞悪い」「怖すぎる」

SNS上で元カレから執拗にストーカーされた女性。最悪の結末に驚きの声があがる。

窓際にいる女性
(tommaso79/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

生活を監視され、ときには嫌がらせを受け…と卑劣なストーカーに怯えた経験はないだろうか。14日放送の『奇跡体験!アンビリーバボー』(フジテレビ系)で明かされた「恐怖のストーカー男」に悲鳴が相次いでいる。


 

■元カレからストーカー行為が…

2015年、イギリスに在住の事務員のアマンダさん(40)のSNSに、元カレから「この尻軽女」といった中傷のメッセージが届く。外出しているときも「きょうもとってもセクシーだ」「隣の彼、君の好みだね」と、監視するかのような文面が送られてくるという。

さらに、家にいるときも夫と娘に過去の恋愛遍歴をバラすといった内容が。彼女は怯えてしまい、夫(40)に相談する。夫は元カレに反撃のメッセージを送り、元カレのSNSをブロック。それからは毎日職場へアマンダさんを車で送迎するなど、頼れる夫ぶりを発揮した。

しかし、また別の男のアカウントから同様のストーカー行為がおこなわれることに。警察に相談することも考えたが、監視されているため報復を恐れ、アマンダさんは1年半もの間ストーカー行為に怯えた。


関連記事:宝くじで1億円を当てた女性 その後の「悲しすぎる結末」に言葉を失う

 

■まさかの犯人に衝撃

ある日、空港で娘と過ごしていたところ、いつものようにメッセージが届く。しかも、そこにはアマンダさんを盗撮した写真が。耐えきれなくなったアマンダさんはその場で警察に電話し、写真を転送。後日、警察から「犯人を捕まえた」との報告が届いた。

なんと、犯人はまさかの夫だった。夫は元カレになりすまし、アマンダさんに嫌がらせをしていた。

じつは、アマンダが働き始めた理由は、電気技師の夫の仕事がうまくいかず生活を支えるためだった。しかし、そんな状況に夫は「自分に失望しているのではないか」と不安を抱き始め、本心を聞き出そうと元カレになりすましていた。

次ページ
■嫉妬と怒りで行為がエスカレート

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ