鈴木おさむ、篠田麻里子の交際0日婚に持論と感謝 「いろんな形あっていい」

「交際0日」で結婚を発表した篠田麻里子。放送作家の鈴木おさむが自身のブログを更新し想いを綴っている。

エンタメ

2019/02/23 07:30

(画像は鈴木おさむオフィシャルブログのスクリーンショット)

しらべぇ既報だが、元AKB48のメンバーで女優の篠田麻里子が、3歳年下の一般男性と結婚していたことを、20日に発表。結婚に至った経緯に驚きの声や祝福の声で溢れている。

そんな中、放送作家の鈴木おさむが「交際0日婚」について綴っている。


 

■鈴木&大島夫妻も「交際0日婚」

21日、鈴木は自身のオフィシャルブログを更新。ブログ内で「篠田麻里子さん、結婚おめでとうございます」と祝福の言葉を送った。

篠田は相手の男性と初めて2人で食事をした時にプロポーズをされ「交際0日」だと報じられているが、「ネット記事で僕らの結婚と比較されてたのをちょっと見まして」と続けた。

というのも、現在、結婚生活17年目を迎える鈴木とお笑いトリオ「森三中」の大島美幸は「交際0日」で結婚したことでも有名な夫婦だ。篠田同様、当時もこのことが大きく報じられた。


関連記事:『ダウンタウンなう』GACKT、死んでもいいほど愛した彼女と別れた理由明かす

 

■「いろんな形があっていい」

鈴木自身「僕らは交際0日で結婚しました。正直、ふざけた結婚ですよね」と振り返り「だけどね。結婚ってなんなのか? ってことに答えを出せる人っていないと思うんですよ」「パートナーは見つけたり一緒になったり。いろんな形があっていいと思うんです」と持論を述べた。

鈴木は、芸人として面白さを感じていた大島と初めて会った飲み会で「大島、結婚してくれ!」とプロポーズ。もちろんスルーされるが、会うたびにネタのように口説き続けていたそうだ。

そこで「森三中」の村上が「本当なら大島の家族に挨拶行けるんですか?」とキレられ、鈴木は「行ってやるよ!」と翌週には大島の実家へ挨拶に行ったのだ。

次ページ
■「長い」と感じる交際期間は?

あなたにオススメ