400万円の超高額喫煙所が物議 「無駄遣い」「安いくらい」と賛否の声

畳5枚分で400万円するという超高額喫煙所に賛否の声。単なる屋根付きなら、たしかにもっと安く抑えられそうにも思えるが…

社会

2019/02/26 07:00

タバコ
(Wavebreakmedia Ltd/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

日本全国で分煙が進むなか、問題となっているのが喫煙所の整備。「そもそも数が少ない」と喫煙者が指摘する一方で、「指定されたスペースからはみ出て喫煙者が一服している」と訴える非喫煙者もおり、問題はなかなか難しい。

そんな喫煙所について、京都府亀岡市の計画がネット上で注目を集めている。



 

■400万円の喫煙所

報道によると、亀岡市がJR亀岡駅前に整備を検討しているのは、屋根付きガラス張りの喫煙所。計画では大きさが畳約5枚分、強化ガラス製で、費用は400万円の予定だという。

喫煙所と言えばこれまで、簡易的な仕切りのものが大半だったが、この喫煙所は煙が歩道へ漏れないよう屋根を設置しているため、非喫煙者への副流煙被害はかなり食い止められると予想される。


関連記事:柏木由紀、下半身ギリギリ写真に興奮の声 「パンツ見えてる」「ヤバい!」

 

■「高い」「無駄遣い」

この報道に対し、女性向け匿名掲示板「ガールズちゃんねる」では、非難の声が相次いだ。

・高いな!


・無駄遣い


・目貼りした物置小屋で十分


・えっそんなにかかるの?

次ページ
■「むしろありがたい」「安い」の声も