工藤静香、1ヶ月以上賞味期限過ぎた食材使い騒然 「お腹壊しませんように…」

お新香を作っていた工藤静香が、ある食品のパッケージを見て絶句…賞味期限が1ヶ月以上も過ぎていたが、ササッと食べてしまったという

工藤静香

木村拓哉の妻で歌手の工藤静香が、9日に自身のインスタグラムを更新。

1ヶ月以上も賞味期限が過ぎた食材を使った手料理の写真を公開し、ファンから様々なコメントが寄せられている。



 

■乾燥昆布のパッケージを見て絶句

工藤は、日本茶に羊羹、野菜がたっぷりと入った手作りのお新香で「おやつタイム」にしたそうだが、このお新香にはちょっとした秘密が。

大根、人参を塩もみして水分を抜いた後、シソ、乾燥昆布、薄く切った市販のたくあんを混ぜ合わせ…乾燥昆布のパッケージを見て工藤は絶句。そこには、「賞味期限 19.1.18」と記されていたという。


関連記事:工藤静香、身も心も温まる和御膳に反響も… 「少食すぎてビックリ」の声

 

■乾物なので「私だけササッと」

しかし、食材を無駄にしないことでも知られる彼女は…

「乾物に油断して賞味期限がまあまあワイルド 昆布のみを乾燥させているので問題ありませんが、私だけササッと食べてしまいます。皆さまもついうっかりの賞味期限には気をつけて下さいね」


と、1ヶ月以上賞味期限を過ぎてしまっているものの「乾物」であることから、彼女だけ例の乾燥昆布が入ったお新香を食べたことを明かした。

次ページ
■「お腹大丈夫ですか?」と心配の声