嫌な仕事や体重の増加… 現実から目をそらしたくなる瞬間とは

嫌なことなどあると、つい現実から目をそらしたくなるのも当然である。自己防衛本能が働いているのかも?

ライフ

2019/03/16 19:30

現実逃避
(Tomwang112/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

現実社会には、つらいこともたくさんある。ときには目をそらして、やり過ごしたくなることもあるだろう。


画像をもっと見る

 

■現実逃避する人は2割程度

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、「現実逃避について」の調査を実施。

現実からできるだけ目をそらすようにしているグラフ

「現実からできるだけ目をそらすようにしている」と答えた人は、全体で22.7%だった。


関連記事:みやぞん、24時間マラソンのカラクリ明かし騒然 「あれは上手くできてる…」

 

■太っていても現実逃避

性年代別では、20代から30代の女性が高い割合になっている。

現実からできるだけ目をそらすようにしている性年代別グラフ

女性は体型の変化などから、目をそらしているようだ。

「食べすぎでかなり太ってきたように思うけど、怖いのでずっと体重を測っていない。ただ洋服のパツパツ感や頬の重たさなど、『やばいな…』と思わされることはある。


それでも最終的な数字を確認するのは嫌なので、ずっと先延ばし状態。どうせ会社の健康診断で知ることになるから、今のうちだけでも逃避させてほしい」(20代・女性)

次ページ
■嫌な仕事は午後まで寝かせて…

この記事の画像(3枚)