テレビよりYouTubeをよく見る人の割合は… 20代男性では4割超えの衝撃

ユーチューバーによる投稿や面白動画、海外映像など、さまざまな動画を楽しめるYouTube。テレビよりよく見る人もいるかもしれない。

YouTube
(pressureUA/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

動画サイトの代表格とも言えるYouTube。日々、さまざまな動画が更新・共有され、一部のユーチューバーは芸能人をも超えるような人気を集めている。

若い世代にはテレビ離れも進んでいると言われるが、「むしろYouTubeのほうが見ている」という人さえ増えているのではないだろうか。


 

■2割は「テレビよりYouTube」

実際、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査したところ、「テレビよりYouTubeを見ることが多い」と答えた人は、全体の21.8%。

女性では18.8%だが、男性では24.8%と、男性のほうがYouTube中心派が明らかに多いようだ。


関連記事:みやぞん、24時間マラソンのカラクリ明かし騒然 「あれは上手くできてる…」

 

■2、30代はYouTube派が躍進

この調査結果を男女年代別で見てみると…

男女とも明らかに若い世代ほど「テレビよりYouTube」という傾向が顕著だ。もっとも多い20代男性では、じつに41.4%と、YouTube派が半数に迫っている。30代男性でも3人に1人がYouTube派だ。


■北と南で地域差も

テレビよりもYouTubeを好む人は、ネット環境のよい大都市圏に多そうなイメージもあるが、実際にはそうでもないようだ。

もっとも割合が高かった地域は、北海道で26.9%。北関東が25.9%、北陸が25.0%で続く。一方、九州・沖縄や中国地方、東海エリアは1割台にとどまり、いまだテレビ人気が根強い状況が伺える。

・合わせて読みたい→元巨人・桑田真澄氏の次男Matt、最新メイクに衝撃 「人間離れしてる…」

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ