JR中央線、運転見合わせの経緯に騒然 「怖すぎる」「見えちゃいけないものが…」

JR中央線で25日、1時間にわたって運転が見合わせ。線路上に人がいるのを運転士が目撃し、非常停止させたものの、現場に人影はなく、電車と接触した形跡もなあったという。

社会

2019/03/26 12:00

人身事故目撃
(TAGSTOCK1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

25日夜、JR中央線の武蔵小金井駅で、上下線で運転を見合わせるトラブルが発生。

約1時間の運転見合わせにつながった経緯に、ネット上が騒然としている。



 

■電車が非常停止 しかし、いるはずの人が……

報道によると、同駅で非常停止したのは新宿発松本行きの特急「あずさ33号」。運転士がホーム下の線路に人がいるのに気づき、ブレーキを作動させた。

しかし、その後の捜索で付近に人は見当たらず、電車と接触した形跡もなし。また、車載カメラにも人の姿は写っていなかったという。この一件によって、乗客約3万7000人が影響を受けることになった。


関連記事:夫が車のエンジンをかけると突然走り出し… 「予期せぬ妻の死」に騒然

 

■「怖い」「どういうこと?」

奇妙な一連の流れに、ネット上では「怖い」「見てはいけない人を?」などの声が。

「誰も死ななくて良かった……けど、一体どういうことだろう」


「見てはいけない人を見てしまったんでしょうね……」


「疲れてたんだろ」


「なんか怖い話だな」

次ページ
■カメラに映らなかったのも不思議?