狩野英孝、フルポン村上にマジギレ 「企画にもしたくない、村上がオイしいのがイヤ」

『ロンドンハーツ』で狩野英孝とフルーツポンチ・村上健志のガチ確執が明かされた…

狩野英孝

16日放送『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、狩野英孝がフルーツポンチ・村上健志にマジギレ。2人の険悪な雰囲気に視聴者からも驚きの声が漏れている。


 

■狩野と村上

芸歴は狩野が2年先輩だが年齢は村上が1歳年上という微妙な関係。『レッドカーペット』で台頭、『ロンハー』のドッキリで人気を確立したと、これまでのブレークの流れ・時期もよく似ている2人だ。

狩野が「初めて芸人(村上)にマジギレしている」との噂を聞きつけた番組は、狩野と村上を呼び出し、仲裁に乗り出すことに。

何も知らず登場した狩野だったが、企画内容に勘づくと表情がこわばる。「企画にもしたくない、そいつがオイしくなるのがイヤ」と本気で嫌がる狩野がなぜ村上にキレているのか、飲みの席を隠し撮りし本音を探っていく。


関連記事:マツコ・有吉、大ブレーク中の出川哲朗を語る 「大好きな風俗にもいけないだろうし…」

 

■狩野の怒り爆発

『アメトーーク』で品川庄司・品川祐を主役にした企画『ありがとう品川』に共演後、品川庄司や出川哲郎らと飲みに行ったものの、村上はその場でも自分が主役になろうと自分の話ばかりを連発。狩野は「お前の話は聞きたくない」と怒りを爆発させてしまったと明かす。

「品川主役の会をダメにした」と反省した狩野。しかし、後日ジャングルポケット・斉藤慎二の結婚式の3次会で品川や村上らと飲んでいると、村上は狩野ともめた話を蒸し返しはじめ、再びその場で主役になろうと自分の話を始める。

狩野は「まあまあ」とその場を流そうとしたのだが、その扱いに村上はさらにヒートアップ。品川も村上の態度の悪さを説教し、謝罪しておくように伝えたが、村上からの謝罪はないまま。その後も「人を小バカにする才能がある」など狩野の村上への批判が止まらなかった。

この確執の深さを目の当たりにした出演陣は、「普段は陰口を言うヤツじゃない」と狩野の怒りを実感。村上アウェーの空気のなかで村上が登場する。

次ページ
■村上の本音

あなたにオススメ