石野卓球、質問の回答に「するわけねーだろ」と発言 「言いすぎ」と批判殺到

電気グルーヴ・石野卓球が久々に報道の前に姿を現した。その際の発言に批判が集まっている。

エンタメ

2019/04/19 05:15

ピエール瀧

テクノユニット・電気グルーヴ石野卓球が17日に都内で自身のワンマンライブを開催した。メンバーであるピエール瀧が逮捕されて以降はじめてマスコミの前に立った。その際に放った言葉が話題となっている。


 

■「解散するわけねーだろバカ」

ピエール瀧が逮捕されて以降、SNSでもよく話題となっている石野。ワンライブの後にマスコミが「解散するのか?」と質問したところ、石野は「解散するわけねーだろ。バカ」と回答し車に乗りこんだ。

また会場入り前の「瀧さんとは会話した?」という質問には「エロい話」をしたと回答し、場を困惑させた。その際にガッツポーズのように右腕あげたこと対し、Twitterで言及している。

「ガッツポーズじゃないよ! 許してニャン! なのに!」


本人は謝罪と言っているが、実際はどのようなつもりでポーズをとったのだろうか。


 

■「言い過ぎ」

わざわざ必要のないことを聞かれた石野への同情もあるが、それよりも言葉遣いが悪いとネット上で批判が殺到した。

「マスコミにそんなこと聞かれてイラッときたんだろうが、そういう物言いはどうかと思う」


「キャラとかもあるんだろうけど、バーカって…」


「そういう言い方はないと思う」


■言葉遣いが悪い人は印象が悪い?

回答の内容ではなく、言葉遣いが注目を浴びた石野。そんな言葉遣いについてしらべぇ編集部では、全国の20代~60代の男女1,329名を対象に調査を実施したところ、約7割が「言葉遣いが悪い人は恋愛対象外」と回答した。

言葉遣い

言葉遣いは第一印象を決める大きな要因。印象が悪い人をわざわざパートナーとして選ぶのは嫌な人が多いようだ。TPOを踏まえた言葉遣いを意識したいところだ。

ピエール瀧逮捕後、注目を集めることが多い石野。今後も石野の言動から目が離せない。

・合わせて読みたい→坂上忍の石野卓球ディスが波紋 「ひどすぎ」「嫌な気持ちになった」と悲しむ声

(文/しらべぇ編集部・Aomi

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ