中川翔子、小学3年で父親が他界 休まず働いていた「母親の一言」に称賛の声

中川翔子が、父・勝彦さんが亡くなったときの母の行動を明かす。ネットでは称賛の声が相次いだ。

中川翔子

タレントの中川翔子が19日に自身のツイッターを更新。父・勝彦さんが他界したときの母親の言動を明かし、感謝の思いをつづった。


 

■「こんなときこそディズニーだ!」

中川が小学3年生ときに、白血病のため32歳の若さで他界した勝彦さん。休まずに働いてきた母親は「こんなときこそディズニーだ!」と貯金を崩し、中川が5年生になったときにフロリダのディズニーワールドに連れて行ってくれたという。

中川は「ものすごい鮮烈だった! そこですごく泣いていた」と当時を振り返った。

なお、中川はディズニー映画『塔の上のラプンツェル』でヒロインのラプンツェルを日本語吹き替えで演じているが、母親はとても喜んでくれていたという。


関連記事:池江璃花子選手、白血病の公表で骨髄バンクに反響相次ぐ 一方「リスクの認識を」の声も

 

■母親の行動に称賛の声

貯金を崩し、フロリダまで行くほど思い切った行動をとった母親。投稿には「よかったね。泣けた」「母は強し」との声が寄せられた。

「女手ひとつでフロリダのディズニーワールドに連れていったしょこたんのお母さんは、とても頑張り屋で素晴らしい人だよね」


「お母さん、すごいね。母は強し。愛されてますな」


「前向きで強いお母さんですね。親孝行出来てよかったですね」


「東京でないとこがスケールでかい」


■母親に点数をつけるなら…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,340名に「母親の点数」について10点満点で評価してもらったところ、平均は6.54点。「0点」が7.9%ほど存在するが、「10点」が約2割でもっとも多いことは喜ぶべきか。

(©ニュースサイトしらべぇ)

勝彦さんの死を悲しむだけではなく、「こんなときこそディズニーだ!」と楽しむことを考えた中川の母。その気遣いと心意気によって中川の心も救われたに違いない。

・合わせて読みたい→中川翔子、初めての運転シーン公開 「乗っている車」に驚きの声

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,340名(有効回答数)

あなたにオススメ