自分がいなくなったら妻は生きていける? 若い夫は「心配性」な傾向も

どれだけ仲がいい夫婦でも、この世を去るタイミングは異なるのが定め。夫たちはどのように考えているのだろうか。

男女

2019/04/23 07:00

未亡人
(karinsasaki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

昨年9月に亡くなった女優・樹木希林さんの後を追うかのように、夫でロックミュージシャンの内田裕也さんが今年3月にこの世を去った。心中や事故といった特殊なケースを除けば、夫婦のどちらかが先に亡くなり、どちらかは残されることになる。

「もし自分が命を落としたら、残された家族はどうなるだろうか…」と考えたことがある人は、少なくないだろう。では、夫と妻という関係においては、どうなのだろうか。


 

■「いなくても大丈夫」が5割

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の既婚男性402名を対象に「自分がいなくなったら妻はどうなると思う?」という調査を実施した。

夫婦

「生きていける/生きていけない/わからない」という選択肢に対して、もっとも多かった回答は、「いなくなっても生きていける」で48.0%。「いなくなったら生きていけない」が28.9%で続いた。

共働き化も進んだ現代社会、また生命保険などの備えをしっかりしてある家庭なら、「自分がいなくなっても大丈夫だろう」と考える人が多いのかもしれない。


関連記事:頼りない夫に嫌気がさした妻の割合は… 鬼門は「子育て」と「年収」か

 

■若い夫は心配性?

この調査結果を「生きていけない/生きていける」という回答に絞って、年代別に見てみると…

夫婦

「生きていける」という回答がもっとも多かったのは、30代の夫で55.6%。50代が54.2%で続く。40代で大きく凹んでいる以外は、概ね5割前後だ。

一方、「生きていけない」という回答は、20〜30代の夫で突出。この世代のみ4割を超えている。子供がいる場合は年齢が幼いのに加えて、貯蓄などが限られる状況も伺える。

再婚などの選択肢ももちろんあり得るものの、若い世代では心配に感じる人も多いようだ。

・合わせて読みたい→冷凍食品や惣菜で手抜きをする妻に「根性を叩き直したい」 怒れる夫の投稿が物議

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の既婚男性402名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)