愛子様を天皇にしたら日本は独立する! 『ゴーマニズム宣言』の小林よしのりが喝

過去に8人・10代存在した女性天皇。その中には偉大な足跡を残した天皇も多いと小林氏は語る。

2019/04/28 09:30


 


 

■女性天皇の偉大な功績

———小林先生は女性宮家にも女性天皇にも賛成ですね。

小林:まず過去に8人・10代の女性天皇がいたという事実がありますからね。それが中継ぎだからとかっていうけど、中継ぎにしては凄すぎますよ。過去の持統天皇とか、そういう業績を見たときに十分天皇の業績を残されてきている。


そもそも天皇号それ自体が出て来たのはいつかっていったら、推古天皇の時ですからね。女性天皇の時に「東の天皇、西の皇帝につつがなきや」って、ここで初めて天皇号が出てくるわけです。


自分は天皇であるって名乗ったのは、そもそも推古天皇ですからね。それ以前は天皇(を名乗った人)はいなかったんだよ。ここは本当に勘違いしちゃいけない。


神武天皇から天皇がいたっていう風に保守の連中はいうけど、神武天皇は大王(おおきみ)だからね。日本では推古天皇まで、ずっと大王、つまり王の時代が続いていたわけです。それは中国の皇帝に結局、下属してたからなんですよ。


関連記事:平成の御代を振り返る 国民民主党・玉木代表に聞く「陛下は忠恕の精神で象徴天皇に徹した」

 

 

■真の独立国への道とは

小林氏は、歴史を紐解くことで愛子様の即位へ期待をにじませた。

小林:結局、属国体制を打ち破ったのは推古天皇で、「自分は天皇だ。あんたは皇帝だ。さあ同格だ。もう王ではないぞ」と言ったのが天皇の本当の始まりなわけですよ。「この国は独立国である」といったのが天皇の意味なわけですよ。


推古天皇の時にそれをやったわけです。それで「天皇」と呼ぶという形に法律上、呼ぶようにしたのは、持統天皇です。


これも女性の天皇なわけだから、元々この国は女性天皇のおかげで独立国になったということでね、だからわしは愛子様を天皇にしたら再び独立するんじゃないかと思ってるんですよ。今はアメリカの属国でしょ、しょせんは。


わしは一生懸命、属国から抜け出そうとして、憲法を変えようとか頑張ってるけど、なかなか属国から抜け出すことができないね。


けど愛子様が即位されたならば、再び推古天皇と持統天皇に続く、完全独立体制、即ち主権回復して自主独立体制ができるんじゃないかなと思ってるんですよ。


しかも、そもそも愛子様は男系ですからね。わしは愛子様が皇太子になり、天皇になるのが一番いいと思っているよ。

・合わせて読みたい→『おぼっちゃまくん』『ゴーマニズム宣言』の小林よしのりが語る「平成の天皇論」完結編

(取材・文/France10・及川健二

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

神武天皇皇太子殿下小林よしのり令和女性天皇秋篠宮殿下推古天皇持統天皇愛子様独立国
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング