GW行楽日和の天候が急変 ひょうが降り競馬中止の一方で九州は真夏の暑さに

各地で天候異変現象が起きている。そしてゴールデンウィーク後半の天気は…

社会

2019/05/04 19:30

雨・サラリーマン
(eskaylim/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

ゴールデンウィークも後半に差し掛かったが、各地の天気が荒れている。急な天候の激変に困惑する声も目立つ。




 

■競馬が中止に

東京競馬場では、突然ひょうが降り出して、レースが中断。第10レース以降は中止とされ、その後、雷雨になった。東京、神奈川では、ひょうや雷雨となっている。

一方で、九州地方では真夏を思わせる気温となった。大分県日和で29.8℃を観測したのを始め、福岡県久留米市でも29℃超。北日本の一部でも、25℃を超える夏日となった。


関連記事:現役OLの古河由衣がグラビアデビュー キワどい衣装に「緊張しました」

 

■「予報はずしすぎ」と困惑も

天気急変で、SNS上では驚きの声が上がっている。

「来てる。かなり強い雨だ」


「こちら国立市。ひょうと雷でカオスと化しています」


「とんでもない天気だ」


「これってマジでヤバくね?」


「予報半日ではずしすぎだろ…」


「久しぶりの雷で落ちないか怖い」


怖いという声が上がるほど、特に東京、神奈川では昼過ぎまで行楽日和だった天候が、みるみるうちに急変した。

次ページ
■GW後半の予報は…