スマホで痴漢撃退 文字と音声とブザー音…警視庁が開発した防犯アプリが異例の人気

警視庁が開発したスマホ用の無料防犯アプリが、ダウンロード数が22万件を超えたと発表され、話題をよんでいる。

話題

2019/05/07 06:15

警視庁が開発したスマホ用の無料防犯アプリが、ダウンロード数が22万件を超えたと発表され、話題をよんでいる。


 

■後を絶たない痴漢被害

痴漢(免罪含み)被害の報道が後を絶たない。また、痴漢被害者に対して「スカートの丈が短いから」「無防備にしているから」との声も見られる。

さらに年齢を重ねると「大人なんだから声をあげればいいのに」「捕まえればいいのに」との声など…痴漢被害者を責めるセカンドレイプも相変わらずだ。

年齢を重ねようが、痴漢被害の経験があろうが、見知らぬ者から触れられることの気持ち悪さは変わらないはずだ。恐怖の大きさから声も出せない状況になることもまた、年齢や経験値は関係ない。


関連記事:菅本裕子、SNSの誹謗中傷に憤り 「完全にDV」「被害者が声を上げるのが悪な訳ない」

 

■スマホ画面に「助けてください」

現在、警視庁が開発した防犯アプリ「Digi Police」が、ダウンロード数は22万件を超え、異例の人気になっているという。

アプリには、「オレオレ詐欺防止」「子供と女性の安全について」のほか、犯罪発生情報や警視庁ホームページを閲覧することができる。話題になっているのは「痴漢撃退」のボタンだ。

アプリに表示されている「痴漢撃退」をクリックすると、黒の背景に白い大きな文字で「痴漢です。助けて下さい」と表示される。

防犯アプリ
(画像は防犯アプリ「Digi Police」のスクリーンショット)
次ページ
■「やめてください」音声とブザー音

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ