本気で禁煙したい人向けにストイックなサービスを開始 もしもタバコを吸ったら…

『けやきヒルズ』(AbemaTV)では、「本気で禁煙したい人」に向けたストイックなサービスを紹介し、話題になっている。

話題

2019/05/12 06:15

(Terroa/iStock/Thinkstock)

2020年の東京オリンピック開催に向け、IOCが「タバコのない五輪」を提唱していることなどを受け、都内の飲食店などでは完全禁煙化を導入する動きが進んでいる。

愛煙家にとっては日々肩身の狭い環境になりつつあるが、これをキッカケに禁煙を試みている人もいるようだ。そんな中「本気で禁煙したい人」に向けたストイックなサービスが発表され、話題になっている。


 

■もしも、吸ってしまったら…

ウェブサイト「禁煙コミット」では、強い意思をもって禁煙に挑戦することができるサービスを発表した。

「既存の方法と比べて強い意志をもって禁煙に挑戦できる」ことを特徴としているがこれまでと何が大きく違うのだろうか。どうやら「吸ってしまった」場合、罰金を払わなければいけない…という「罰金制」のようだ。

禁煙コミット
(画像は「禁煙コミット」のスクリーンショット)

サービスの利用開始時に、利用者が任意で禁煙に挑戦したい期間や金額を設定し、登録。期間は最長で半年間、罰金は最低500円から登録することができる。


関連記事:笠井信輔アナ、『バイキング』本番中に携帯電話を鳴らす 失態に呆れる声が続々

 

■成功か失敗かの判定は…

成功したか失敗したかの判断は…自分。自ら失敗を報告すると、登録したクレジットカードから任意の金額が引き落とされる仕組みのようだ。

「どうしても自分に甘くなりがち…」と感じる人は、自分以外の者が報告することができる「判定者」制度(要登録)もあるという。

次ページ
■完全禁煙化に賛成?

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ