会社で堂々と寝る姿が話題に 昼寝用フード付きブランケットが人気の福岡市を直撃取材

会社で昼寝はどのような効果をもたらすのか 関係各所を取材

話題

2019/06/01 15:40

今、昼寝が注目されている。昼寝をすることにより、眠気や疲労の回復、午後の作業効率の向上につながるからだ。午後の眠気は体のリズムであり、⼈間の⽣理現象。

⼈間が持つ体内時計は、眠りと⽬覚めをスムーズに切り替え、ホルモン分泌や⾎圧、体温などを調整している。14〜15 時 に眠くなるのは⾃然なことなのだ。

この昼寝を堂々と会社で行おうという取り組みを福岡市が始めた。しらべぇ取材班はこの取り組みを探るべく、関係各所を直撃取材した。


画像をもっと見る

 

■睡眠を充分に取るために

福岡市は人生100年時代へのチャレンジとして、「福岡100プロジェクト」を行っている。「栄養・⾷⽣活」「運動・ ⾝体活動」「休養」は、健康のための3要素。これらを柱とした様々な事業を展開中だ。

今回は、休養にスポットをあて、休養のための重要な要素になる「睡眠を充分に取るプロジェクト」を開始した。

福岡市における睡眠で休養が充分に取れていない人の割合は、2016年度男性30.9%、女性33.5%。2020年度の目標が男性24%、女性25%。これを達成するために、睡眠を科学する西川とタッグを組んだ。


関連記事:色白すぎる女性が抱える悩みに衝撃 「昼寝してるだけで親から…」

 

■「堂々昼寝宣言」

東京の西川本社には「ちょっと寝ルーム」が存在する。ここで従業員が12時~15時の間に、15分から20分の昼寝をすることができる。このルームには、昼寝に最適な傾斜30℃の本格的ベッドを設置。

こういった眠りの質の改善を研究するノウハウを生かし、福岡市にフード付きブランケット1,000枚を無料提供した。このブランケットを福岡市の企業に使ってもらったり、眠りのセミナーを開催したりという取り組み、それが「#PowerNap」~昼寝でチャージ~だ。

PowerNapとは、短時間の昼寝を意味するナップとパワーアップの語感を合わせた造語である。

次ページ
■昼寝でパワーチャージ

この記事の画像(3枚)