ギャルモデル、90%の確率で薬物中毒者と勘違いされた過去 「まさかの理由」に驚愕

ギャルモデルYouTuberのうさたにパイセンが、初対面の人に90%の確率で「薬物中毒者」と勘違いされていた過去を告白。その意外な理由とは…。

人間関係

2019/06/02 16:20

ギャルに対して「明るく、社交的」なイメージを持っている人は少なくないだろう。しかし、当たり前だが実際には人見知りでコミュ障なギャルもいる。

これについて、元『小悪魔ageha』モデルで、現在は『LOVEggg』にてモデルを務めるユーチューバー・うさたにパイセン(本名:岩本紗也加)の動画が、ネット上で注目を集めている。


 

■薬物中毒者と勘違いされた理由

「極度な人見知りでした」と動画冒頭で告白したうさたにパイセン。とくに15歳から17歳にかけて人見知りが酷かったそうで、どれくらいだったかと言うと……

・仲のいい友達と遊んでいたら、突然彼女の仲間が合流。しかし、彼女はバイトで抜けてしまい、初対面の人たちとボーリングに行くことになり、空気化する


・人の目を見て話すことができないことに加え、テンパって喋り方もおかしくなり、挙動不審に。結果、初めて会う人から90%以上の確率でシャブ中(薬物中毒者)に間違えられる


・人の目が嫌いすぎて、ギャルでありながら人が多すぎる渋谷が苦手


・美容室では必ず寝たフリ


・名前を知っているレベルの人に挨拶せず、見つけ次第逃げる


など、語られるエピソードはどれも極端。


関連記事:お茶出しを「男性社員がしてはいけない理由」とは… 先輩の一言に唖然

 

■「めっちゃわかる」と共感の声

なお、うさたにパイセンによると、薬物中毒者に勘違いされていた頃は体重が37キロ程度しかなく、それも影響していたという。

上記のエピソードに、視聴者からは共感の声が相次ぐことに。

「目合わせてるつもりでも段々目逸れてく笑」


「道端でちょっと知ってる人に会ったら逃げるのめっちゃわかる笑」


「いとこともとかめっちゃわかるわかるわかる! 23になっても未だ人見知りなんだけど…」


「わたしもパイセンと同じだ…見た目パリピ中身人見知り…」


■6割が「人見知り」と回答

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,671名に「人見知り」について調査したところ、約6割が「あてはまる」と回答。

多くの人は自分のことを人見知りと思っているようだ。

ゴリゴリのギャルでありながらボランティア好きを公言し、「2年間貯めた貯金で母親にハワイ旅行をプレゼントしようとする」など、家庭的な性格も魅力なうさたにパイセン。

今回、人見知りと判明したことで、さらにファンが増えそうだ。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年5月22日~2015年5月25日
対象:全国20代~60代 男女1,671名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ