『鉄腕DASH』スタッフもダウンする荒波に耐え初ガツオをゲット 城島茂と村上信五に称賛殺到

改元当日にカツオ漁に挑戦した城島と村上。その頑張りに視聴者も心を打たれる

エンタメ

2019/06/03 06:00

TOKIO

2日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の「初モノ奪取」で、令和初日のカツオを食べるため漁に出た城島茂と村上信五の頑張りが凄すぎると話題になっている。


 

■改元当日に愛媛・深浦漁港へ

平成31年4月31日午後11時58分、城島と村上は愛媛県の深浦漁港に立ち、改元を待つ。0時になり小さなクラッカーで新元号を祝うと、約30分後に2人は漁船に乗り込み、カツオ漁へ。なんと漁場まで片道4時間かかるそう。

長時間移動となることや、漁がぶっ通しとなることから、2人には小さな仮眠室が用意され、しばらく休むことに。城島は揺れが気になりなかなか眠れなかったが、村上はすぐに爆睡する。

その様子に隣で横になっていた城島は「よう寝られるなあ…寂しいな」とポツリ。そしてテロップで「年寄りは寝付きが悪い」といじられてしまった。


関連記事:『鉄腕DASH』ゲスト出演した人物でレギュラーになってほしいのは? 1位はやっぱり…

 

■一本釣りに挑戦

朝5時に漁場に到着すると、準備を進め夜明けとともにカツオの一本釣りを開始。高低差4メートルと船が大きく揺られるなか、城島と村上は必死に踏ん張りながら釣り竿を持つ。

すると城島に待望のカツオが。「よっしゃ来た」と思いっきり竿を上げるが、なんと勢いがつきすぎてしまい船に乗せることができず、海に捨てる形に。「一本釣り」の難しさを体験したようだった。

結局1回目のアタックは、城島・村上とも釣果ゼロとなってしまう。

次ページ
■歴戦のスタッフが船酔いも…

あなたにオススメ