日本中で冒険せよ! スマホ版ドラクエ新作は「ドラゴンクエストウォーク」

ついにベールを脱いだ! スマートフォン向け『ドラゴンクエスト』新作は位置情報ゲーム!

集合写真
(スマートフォン向け『ドラゴンクエスト』新作発表会にて撮影)

3日、スマートフォン向け『ドラゴンクエスト』新作発表会が開かれ、ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二氏、新作ゲームのプロデューサーである柴貴正氏、そしてアナウンサーの徳光和夫と平井理央、スピードワゴン・小沢一敬が登場。

『ドラゴンクエスト』スマホ向けゲームのタイトルや内容が発表されたぞ!


 

■新作は『ドラゴンクエストウォーク』

ついに発表された新作は、『ドラゴンクエストウォーク』。

タイトル
(スマートフォン向け『ドラゴンクエスト』新作発表会にて撮影)

位置情報を使ったゲームであり、街を自分自身が歩いてモンスターと出会って戦い、レベルを上げていく。そう、「日本中がドラクエになる」のだ。

このゲームの開発当初、堀井氏・柴氏は2人揃って『ポケモンGO』にハマっていたとか。そこで「位置情報を使ったゲームとドラゴンクエストと掛け算したら、いろんなことができるんじゃ?」と、スマホならではの遊びを作っていったそう。


 

■モンスターを倒してレベルアップ!

舞台は日本中。自宅の周辺はもちろん、国内旅行先でもどんどん歩いて欲しいと話す。マップを開くと、実際の地図、そして建物の名前が表示されるのだ。

ゲーム画面
(スマートフォン向け『ドラゴンクエスト』新作発表会にて撮影)

モンスターが近くに現れると、スマホが震えて教えてくれる。そしてエンカウント(タップ)するとバトル画面に。

ゲーム画面
(スマートフォン向け『ドラゴンクエスト』新作発表会にて撮影)

倒すと経験値が入り、「チャチャチャチャ、チャッチャッチャー!」とレベルアップしていくのだ。オートバトルも用意されているので、サクッとプレイすることも可能。

次ページ
■ストーリーを進める楽しみも

この記事の画像(18枚)

あなたにオススメ