吉木りさ、妊活中に「男性から言われた辛かった言葉」を告白 泣きながら母親に電話も

3日に第一子を妊娠していることを報告した吉木りさ 妊活中に言われて「地味に辛かった言葉」を告白して話題に

エンタメ

2019/06/05 19:20

第一子妊娠中のタレント・吉木りさ(31)がアメブロ内の公式ブログを更新。妊活中に「傷ついた言葉」を告白し、反響を呼んでいる。


 

■妊活中に言われた言葉にショック

しらべぇ既報の通り3日に妊娠中であることを報告した吉木だが、5日には「辛かったある言葉」というタイトルでブログを更新。

「以前のブログで半年間の妊活と書かせて頂きましたが実際のところ、入籍してから約1年は自分なりに頑張りながらも中々上手くいかず、あっという間に時間が経ってしまい最後の半年間は不妊治療に特化した産婦人科に通院していました」


と妊活をしていた期間について言及。さらに、

「そんな中、地味に辛かったことが何気ない会話の中でありました 『お子さんの予定は?』『なんで作らないの?』『子供はいいよ〜!! 早く作った方がいいよ!!』この会話、私の場合はほとんどが上の世代の男性から頂いた言葉でした」


と、「妊活中に言われて辛かった言葉」を明かしている。


関連記事:吉木りさが妊娠を報告 夫の和田正人も喜びのコメント「全力の愛で受け止めていきたい」

 

■母親に泣いて電話をすることも

さらに吉木は、

「『言われなくてもわかってるよ!!えーん』と大声で言いたくなるほど私は辛かった(中略)その度にプレッシャーになり、落ち込み…母親に泣きながら電話することも」


と、時には涙するほど傷ついていたことを告白。

「今の時代、様々な形で夫婦の絆を築いているご夫婦、ご家庭に、自分の価値観を押し付けることは絶対にしてはいけないなと勉強になりました」


と綴り、辛い経験から学んだことについて語っている。

次ページ
■妊活をしたことがある女性の割合

あなたにオススメ