『ブラタモリ』千葉県銚子市を訪問 ヒゲタ醤油工場見学シーンでのナレーター交代に納得の声

『ブラタモリ』(NHK)では千葉県銚子市を訪問。突然のナレーション交代が話題に。

草彅剛

8日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリ一行が千葉県銚子市を訪問。「銚子はなぜ日本一の漁港になったのか」に迫る一方で、とある醤油工場のシーンが視聴者の間で話題を集めた。


 

■銚子は醤油の町だった

銚子市は日本を代表する醤油の町で、その証拠に町の中には所狭しと醤油工場が並ぶ。銚子市は温暖多湿のため醤油づくりに適している他、原料の大豆や小麦が入手しやすい位置にあったと言われている。

なお、莫大な利益をあげたこの醤油は、銚子漁港の建設費用をまかなっていることと繋がっているそうだ。


関連記事:コーラを勝手に飲む同僚に復讐 ぶっ飛んだ方法に「最高」「危険だから…」

 

■ナレーションが突然工場長に

タモリ一行は「なぜ醤油がそれほど大きな利益をあげたのか」を探るため、1616年に創業された銚子市で最も長い醤油メーカー・ヒゲタ醤油の工場を見学。しかし、ここからは当番組でナレーションを担当する草彅剛と替わり、醤油工場の工場長がナレーションを担当。

工場長によるナレーションは、コーナー形式に「しょうゆの旅」として始まり、醤油のレシピや醤油で儲けた時代のストーリーを紹介した。

次ページ
■変更に納得する声

あなたにオススメ