上田晋也、新人女優に公開パワハラ? 視聴者・スタジオがお通夜状態に

10日放送の『しゃべくり007』。上田晋也がパワハラ演技を行ったところ、スタジオや視聴者が萎縮する事態に。

エンタメ

2019/06/11 15:20

くりぃむしちゅー・上田晋也

10日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、MCの上田晋也がパワハラをする演技を行ったところ、その迫力にスタジオの観客だけでなくネット上でも萎縮する声が目立った。


 

■新人女優にパワハラ演技

同日、映画『町田くんの世界』でデビューを果たした新人女優・関水渚が番組に登場。オーディションで泣き過ぎたものの、合格したと話す関水に対し、上田が「バラエティだけど『泣いてって言ったら泣けるの?』」と質問。

関水は「設定と相手を考えてもらえれば」と応じ、上田がパワハラをすることを周囲から勧められる。

番組であまりうまく話せなかった関水に、上田が喝を入れる、というものに。関水が「うまく話せずにすみません」と言うと、上田は「しょうがないよね」「事務所もよく出したね」と説教。

スタジオも沈黙に包まれた。だが結局、泣くことはなく、関水が上田の迫力に「結構優しかった」とケロリとした様子で言い、関水の演技は幕を閉じる。


関連記事:高畑充希の「空気が読めない行為」に騒然 くりぃむしちゅー・上田もガチ注意

 

■上田が原田を公開説教

続けて、今度は原田泰造が泣く役を演じる。原田も「今日はあまりうまく返せなくてごめんね」と上田に謝ると、「今日に限らないよ。15~16年はそんな感じじゃない?」と一蹴。

その後原田がヘラヘラした様子で弁明していると、上田は「それだよその態度だよ」と原田の舐めたような態度に対しぶちギレする演技を行い、再びスタジオは葬儀のような静けさに。だが原田も泣くことはできずに終了した。


■萎縮の声も

ネット上では、上田のパワハラ演技に萎縮した人がいたようで、以下のようにつぶやくする人がいた。

一方で、関水のように優しさを感じた、という声のほか、演技を評価する人もいた。


■パワハラを受けたことがある人は

今回、上田はあくまでもパワハラを演じただけだったが、しらべぇ編集部は全国の20代〜60代の社会人男女251名を対象に「パワハラ」について調査を実施。

結果、16.3%の人が「現在職場でパワハラを受けている」と回答していた。社員がやめる理由にパワハラもあげられていることが多いが、まだまだ減っていないのが現状のようだ。

パワハラ

上田はバラエティの司会として活躍する場面が多いが、演技の才能もあるのかもしれない。

・合わせて読みたい→ビートたけし、原田龍二の「4WD不倫」にコメント 「俺の知り合いもクルマで…」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年5月19日〜2014年5月20日
対象:全国20代〜60代社会人男女251名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)