寄付2億円に迫り、久米宏も驚愕 れいわ新選組・山本太郎代表が若者に支持されるワケ

新党「れいわ新選組」を率いる山本太郎参院議員。若い世代を中心に支持が拡がっているという。

社会

2019/06/19 09:00

山本太郎

フリーアナウンサーの久米宏がMCを務めるTBSラジオの人気番組『久米宏のラジオなんですけど』。15日に放送されたゲストコーナーに、政治学者で東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授の中島岳志氏が出演した。

中島氏は保守思想の大家である故・西部邁氏の弟子で「リベラル保守」を自称している。久米は口を開くと次のように話し始めた。

「山本太郎くんの最近の街頭演説の写真をネットで見たんですけど、ものすごい人が集まってるんですよ。かつての小泉純一郎・田中真紀子コンビの街頭演説並みに集まっていて、これどうしちゃったのかと思ってびっくりしちゃったんです。


彼、去年この番組に来たときにはまだ自由党にいて、それをお辞めになって自分で新しいグループ(れいわ新選組)を立ち上げたんですけど、そんなに話題にはなっていなかったと思うんです。なんで街頭演説にあんなに人が集まるのか疑問に思ったんです」


 

■ネットから支持拡大

中島氏は、

「まだ大手のメディアが取り上げていないんだけど、おそらくインターネットを通じて支持が広がっているというのが現状なんです。


2年前に枝野幸男さんが立憲民主党を立ち上げてひとつの大きなブームを作り出したんですけど、あれと何が同じで、何が違うのかというのが非常に重要なことだと思うんです」


と解説した。


 

■「若者の関心事を押さえている」

なぜ今は立憲民主党には風が吹かず、山本氏に風が吹いているのか。それを分析することが現時点での最大のポイントだと中島さんは主張した。

2年前の枝野幸男氏と今の山本氏が同じところは、大きな逆境の中で、2人ともどうしても主張したいことがあってひとりで立ち上がった姿。

一方、違っている点は、地方の農家や中小企業の人たち、商店主といった旧来、自民党を支持してきた人たちが、今、山本氏に支持に流れてきているというところ。これは2年前の立憲ブームとは違うと中島氏は断言した。

次ページ
■久米宏の分析は…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ