ゴルフクラブや平手打ち、数々の虐待事件に悲しみ相次ぐ 「子供を救ってあげて…」

全国各地で虐待事案が相次ぐ その実態とは…

話題

2019/07/04 08:40

父親が虐待
(akasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

全国各地で毎日のように起きる虐待事案。今度は福島と福岡で発覚。今回のケースは県警と児相の連携で最悪の事態はまぬがれた。しらべぇ取材班は原因を探るべく県警と児相を直撃。


 

■10代の娘をゴルフクラブで殴る

福島県警は、3日福島市に住む会社員の男(44)を傷害の疑いで逮捕した。容疑は先月25日頃、自宅で10代の娘をゴルフクラブで殴り、左肩を骨折する重傷を負わせた疑い。

警察によると、子供はもともと不登校ぎみで父親といざこざがあった。事件当日も「学校に行く行かない」でもめて、父親の怒りが爆発し犯行に至ったという。


関連記事:両親がエアガンを発射し1歳児が死亡 父は「知らない、長男が撃った」と供述

 

■教師が異変に気づいた

事件後子供が学校を休んでいたため、2日に学校の教師が子供の自宅を訪問し、怪我をしていることに気づいた。経緯を聞いて児相に通報。子供は児相が一時保護し、その後警察は男を通常逮捕。

福島県警によると、警察が児童虐待を認知した場合、必要に応じて「児相との情報共有」「児相への積極的な助言」「児相からの援助要請への積極的な対応(立ち入り調査や一時保護)」などに努め連携を図っているそう。

次ページ
■5歳児の顔面を複数回平手打ち

あなたにオススメ