ストロングゼロで牛たんを漬けた『ストロングたん塩』が激ウマ

ストロングゼロで牛たんを漬けると…

グルメ

2019/07/06 10:00

炊飯にもしゃぶしゃぶにも使える、まさに万能調味料としても活躍するストロング系チューハイ、『ストロングゼロ』。

ストロングゼロを使った料理は『ストロンググルメ』としてストゼロ愛好家に食されているが、これからの季節ぜひやりたいのが『ストロングたん塩』だ。


 

■ストロングたん塩の作り方

ストロングたん塩の作り方は簡単で、ブロックの牛たんを買った場合は硬い先の部分を切り取り、ちょうど真ん中ぐらいを使う。元の部分は柔らかいのでそのまま食べてOKだ。

厚さはお好みでかまわないが、記者のオススメは1センチ弱の厚切り。ブロックがない場合はスーパーで売っているスライスでいいだろう。


 

■ストロングゼロで漬ければOK

切った牛たんはジップロックなどに入れ、同量のストロングゼロ ダブルレモンと強めの塩・コショウを入れ、冷蔵庫で3~4時間ほど寝かせよう。

寝かせると炭酸の効果で柔らかくなり、レモンの良い香りとアルコールで牛たん特有の臭みが消える。

次ページ
■レモンのいい香りがたまらない

あなたにオススメ