タベアルキスト・マッキー牧元の弁当勝負 「とんかつ弁当」の偉大さとは

マッキー牧元氏が日々行う「弁当勝負」とは何なのか。今回は「とんかつ弁当」がテーマだ。

グルメ

2019/07/08 08:20

とんかつ弁当

『味の手帖』取締役編集顧問で、タベアルキストのマッキー牧元氏。その食へのこだわりは、出張や旅行の楽しみ「駅弁」にも及ぶ。マッキー氏が行う「弁当勝負」とは何か。本当にうまい駅弁はどれなのか。連載第2回のテーマは「とんかつ弁当」だ。


 

■品川駅でのチョイス

頭の中で悪魔が囁いた。 「ナニを迷っている。お前の役目はお前自身がよくわかっているはずだ」。 品川駅で駅弁を買うなら選択肢は二つしかない。 『てとて』の魚をおかずにした弁当か、崎陽軒である。

しかし今日は、「こだわりのとんかつ弁当」を見つけてしまった。 私は食べ歩き人生で多くの教訓を得ている。


① 「こだわり」と自ら名乗るものは、大抵こだわっていない。


② 冷えたとんかつは、とんかつではない(カツサンドは別である)。



関連記事:タベアルキスト・マッキー牧元の弁当勝負 「鰻弁当」の現実

 

■まずメーカーを確認

それなのに、ああそれなのに、悪魔がそそのかすですよ。 皆さんご存知のように、私は新幹線で隣に座った見ず知らずの人と、「弁当勝負」を挑まなくてはいけない。 それなのに悪魔がそそのかすのですよ。

思わず聞いた 「これ、メーカーはどこですか?」。 「大増」です。 「ください」。迷わず購入した。 メーカーがNREパッセンジャーサービスなら購入しないぞと決めていたが、NRE大増であるなら買おう。こうして追い込まれた訳である。

千円。 千円もあれば『いちかつ』や『池上燕楽』のランチとんかつも食べられる。 しかあえて乏しい結果が予想される「こだわりのとんかつ弁当」選び、投資する私は、えらい。

悪魔が指摘するように、私の役目は世間の毒味役であり、味の水先案内人であるから、買わざるを得ない。 という屁理屈をつけて、自分を納得させた。

次ページ
■とんかつは偉大

この記事の画像(2枚)