指原莉乃も納得 マッチングアプリのプロが語る「一番アツい時間帯」とは…

『サイテー男総選挙』マッチングアプリのプロが教えるもっともアツい時間帯は…。

エンタメ

2019/07/11 05:30

指原莉乃

9日放送の『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)にマッチングアプリコンサルタントのゆういちろーが出演。「本当に一番アツい時間帯」を語った。


 

■マッチングアプリでアツい時間帯は…

番組では、「誰にでも使える恋愛テクニック」をテーマにトークを展開。ゆういちろーは、「土日の22〜24時」がマッチングアプリでもっとも活気がある時間帯といったネットの情報に「素人の意見」とバッサリ切り捨てる。

ゆういちろーいわく、「平日の朝4時」だという。一般的なサラリーマンは寝ている時間帯で競争相手もいないことから会話のラリーが続きやすく、地方から深夜バスで遊びに来る人がアプリを使用して相手を探しているケースがあるため「東京着いたら遊ぼうか」となるとか。

その後、合流して軽く飲むとお互い眠くなるため、自然な流れで「眠いからホテルに行こう」となるとのこと。


関連記事:マッチングアプリ利用で出会った経験は… 実際に会うには年収の重要度も?

 

■指原莉乃も「たしかに…」

このテクニックに、タレントの指原莉乃は「たしかに誰もやってなさそう」と共感し、ブラックマヨネーズの小杉竜一も「なるほど…」と納得。

また、小杉が「ほんまに眠いからホテル行ってもすぐ寝てまうんちゃう?」と質問すると、ゆういちろーは「まあ、シャワーを浴びせます」と熱いお湯で目覚めてもらうと笑顔を浮かべる。

この発言を受け、指原は「怖い。サイコパス」と驚いていた。


■アプリでの出会いに抵抗がある人は…

初対面の相手とも仲良くなれるマッチングアプリだが、一方でこういったアプリで出会うことに抵抗がある人もいる。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,363名を対象に「マッチングアプリ」について調査したところ、半数以上が「アプリでの出会いに抵抗がある」と回答している。

マッチングアプリ

もしもマッチングアプリで出会いを探したいなら、ゆういちろーのテクニックを試してみるといいかもしれない。

・合わせて読みたい→指原莉乃の日給は100万円? ブラマヨ吉田の呟きに「笑いの少なさがリアル」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

あなたにオススメ