175R・SHOGO、タトゥーへの偏見に「時代遅れ」と不満 発言が波紋

175R・SHOGOがタトゥーに対する偏見に持論。「凶悪事件=タトゥー」と考える人に「やめてほしい」と訴えた。

エンタメ

2019/07/20 05:30

175R・SHOGO
(画像は175R・SHOGO公式Twitterのスクリーンショット)

ロックバンド・175RのSHOGOが19日に自身のツイッターを更新。タトゥーへの偏見に不満をあらわにした。


 

■「凶悪事件=タトゥー」の偏見に持論

この日、「コメンテーターが刺青(タトゥー)が入っている人がいる飲食店には行かないようにするのが大事だと話していた」と切り出したSHOGOは、こういった偏見について「時代遅れもいいとこ」と私見を述べる。

2020年に開催される東京五輪を例に挙げて「世界中の人々が日本にやってくる。他国じゃ警察官だってタトゥー入ってるのに」と日本と世界の価値観の違いに触れて「凶悪事件=タトゥーはやめてほしいな」と訴えた。


関連記事:ダルビッシュ有がアンケート実施 タトゥーはアリかナシか大激論

 

■「そのとおり」「ここは日本」と波紋

SHOGOの発言を受けて、投稿には「ホントそのとおり」「タトゥーだけで判断するのはよくない」と共感の声が寄せられた。

しかし、一方で「怖いものは怖い」「ここは日本だよ」といった否定的な意見も。中には「タトゥー=怖い」というイメージを抱くこともまた日本人の価値観だと主張する意見も見受けられる

また、SHOGOに対する批判の声もあがるなど波紋を呼んでいる。

次ページ
■実際にタトゥーを入れている人は…

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ