「在京在阪テレビ局は吉本の株主だから大丈夫」 田村亮の激白を各局は黙殺

吉本興業のIR情報でも在京在阪の地上波各局は株主として掲載されている。

エンタメ

2019/07/21 05:00

田村亮

20日に行われた雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号・田村亮による謝罪会見で、田村の口から衝撃的な発言が飛び出した。

「記者会見をしたい」「ネットなどで全部見られるようにしてほしい」という嘆願に対して、事務所関係者は、「そんなんこっちで決める」「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主やから大丈夫や」と語ったというのだ。


 

■「今日最大の爆弾」

2人は、あくまで謝罪会見であり、旧所属事務所である吉本興業を批判するような意図の会見ではないことを幾度も繰り返していたが、2時間40分に渡って丁寧に説明された話の中で、もっともインパクトのある発言だったことは論をまたない。

メディアアクティビストの津田大介氏も、この発言について「今日最大の爆弾だと思う」とツイート。

この投稿は20日24時現在で4万8千回以上リツイートされている。「大丈夫」が何を意味するのかは不明だが、田村の言葉どおり、「記者会見したい」との意向を受けての発言だったとすれば、「吉本の企業価値を下げるようなことはできない(から大丈夫)」と考えるのが自然だ。

ネットでは大きな注目を集めた衝撃的な告白を、テレビ各局は報じたのだろうか。


関連記事:デーブ・スペクター、吉本の「テレビ局は株主」発言を批判 「株を手放すべき」

 

■各局とも発言に触れず

テレビ朝日系報道番組『サタデーステーション』では、放送枠を15分拡大したが、この「株主発言」には触れなかった。同局も出資しているAbemaTVがノーカット生放送したのとは大きな違いだ。

また、TBS系の『情報7daysニュースキャスター』も、2人の会見を詳しく伝えたものの「株主発言」についてはカット。

しかし、安住紳一郎アナの「会見のエッセンスはなるべく抜かずに伝えた」というコメントに、発言がカットされてしまった現場の忸怩たる思いのようなものも垣間見えた。

次ページ
■「吉本に忖度」疑う声

あなたにオススメ