加藤浩次、吉本に“変わらないなら辞める”と激怒 「亮と宮迫さんが浮かばれない」

宮迫博之と田村亮が会見で明らかにした「吉本興業への不信感」について、加藤浩次が生放送で激怒。「変わらないなら辞める」との発言に、称賛の声が送られている

エンタメ

2019/07/22 11:00

加藤浩次

22日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、極楽とんぼ・加藤浩次が、特殊詐欺グループとの闇営業問題で所属事務所から契約解消となった宮迫博之と、謹慎中の田村亮が20日に行なった謝罪会見に言及。

番組冒頭から怒りを滲ませた加藤の発言に、視聴者から称賛の声が相次いでいる。


 

■加藤「憤りを感じています」

会見の様子をVTRで振り返り、加藤は「宮迫さんは先輩とはいえ、同い年で。敬語を使わなくても別にOKしてくれる存在。亮に関しては、7丁目劇場という、20代前半のときに一緒にやってきた人間ですよね。本来お笑いをやらなきゃいけない人間たちがこうやって涙を流しながら謝罪会見をしてる、これは僕は本当に悲しくて、辛かったです」とコメント。

続けて、「それとともに、会社に対しての怒り。僕はそれはもう覚えました。色々な考えがあると思います。僕は、こんなとこまで追い込んでしまったんだって、会社でやる会見を拒否されて、自分たちで色んな人に連絡してこういった場所を借りて、ここまでやってしまうという状況まで会社が追い込んだんだということに、僕は本気で怒りと憤りを感じています」と声を荒げた。


関連記事:西内まりや、写真加工をやめた結果 ファンは衝撃「これやばい…」

 

■社長のパワハラ発言に激怒

番組中、加藤が最も声を荒げたのは、「僕が辞めてもいいから会見をさせてほしい」と訴えた亮に対し、同社・岡本昭彦社長から「やってもいいけど、連帯責任で全員クビにする」などと言われ、さらに吉本側から「引退か契約解除」を迫られたとされる部分だった。

加藤は「怒りでしかない」と語気を強め、「なんで2択しかないの。会社も一緒に『お金をもらっていました、と言おう』って言えたと思う。会社のいいように答えろよと要求されてる。おぞましいな…こんな会社あんのか!」とスタジオで激怒。

加えて、「岡本さんを知っているけど、そういうことをする人です。若い人にしているのを見たことがある。それでも、こんなときには助けてくれる人だと思っていたけど、そのまんまだった」と落胆した様子を見せた。

次ページ
■「経営陣が変わらないなら辞める」

あなたにオススメ