『水曜日のダウンタウン』中卒の親をもつ東大生 「親への気持ち」に反響

『水曜日のダウンタウン』「トンビがタカを生むにも限界ある説」が反響。出演した東大生の女性の発言に称賛の声も。

エンタメ

2019/07/25 19:40

テレビ
(gpetric/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

24日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で両親と子供の学歴格差に関する説を検証。出演した東大生の発言が反響を呼んでいる。


 

■「トンビがタカを生むにも限界ある説」

番組では、「トンビがタカを生むにも限界ある説」という企画を放送。平凡な親から優れた子供が生まれることをさすことわざだが、「タカ=東大生」とした場合に親がトンビのケースは存在するのかを検証する。

高学歴の両親が目立つ中、調査を進めていくと「親が高卒」というケースはある程度見つかるものの、「中卒」は珍しいようでなかなか発見できず。

しかし、コーナーの終盤でようやく「父が中卒」という女性が見つかる。


関連記事:高学歴だけど定職につかない? 「高学歴ニート」と古舘伊知郎が激論を繰り広げ話題

 

■「今の私があるのも親の育て方のおかげ」

父親について、「自分が中卒だからこそ、結構私の勉強面を心配してくれた。『自分みたいになるんじゃないか』みたいな思いが強すぎて『塾行かなくて大丈夫なの?』みたいな」と教育熱心だったことを明かす。

番組スタッフから「トンビがタカを生む」をどう思うか聞かれると、「トンビが生んだものはトンビ」としながらも、「トンビが凄い育て方がうまかったからタカっぽくなったかなっていうのが正しいと思います。今の私があるのも親の育て方のおかげ」と親に感謝する。

そして、「トンビ側がタカにするかトンビにするか決めていると思います」と親の育て方が大切なのではないかとコメントした。

次ページ
■「ほんといい考え」の声

あなたにオススメ