3億円の超高級マンションを見学したら… 想像と違う展開に夫はガックリ

台湾・台北の3億円マンションの実態とは…。

エンタメ

2019/07/31 05:45

高層マンション
(inomasa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

海外での暮らしに憧れる人は少なくないだろう。しかし、家を持とうとしたとき、国によっては、日本人の感覚ではなかなか想像できないお値段が提示されることも。

アイドルグループ・チェキッ娘に在籍していたことで知られ、現在は台湾で暮らしているタレント・嶋野蘭のブログが注目を集めている。


 

■台湾の3億円マンションを見学

この日、「億ション見学」というタイトルでブログを更新した嶋野。2012年に台湾の男性と結婚し、現地で暮らしている彼女だが、子供の将来を考えて物件探しをしている様子。

そんななかで、訪れたのが3億円の超高級マンション。倹約家の夫は「買わないよ!!」「買えないから!!」「それでも見る必要ある??」「とにかくここはないから!」などと言っていたが、ダメだと言われるとしたくなるのが人間の性で、見学に行くことになった。


関連記事:5億円のマンションを購入しに来た年配の女性 その服装に驚いた…

 

■日本だと億ション未満なショボさ…

しかし、実際に入ってみて抱いたのは「日本では億ションじゃなくてもありそう」という感想だった。

一見、「ホテルみたい」で「いい匂い」であるものの、エレベーターは小さなものが2つあるだけで、便利とは言い難い感じ。嶋野本人の言及はないものの、写真を見る限り屋上にあるプールも、そこまで大きくない印象だ。

また、お部屋の環境についても「ベランダが広い」「明るく風通しもよい」「部屋の床はフローリングそれ以外は石」「防音設計されていて静か」「壁付け収納棚たくさん」「壁付けキッチンの後ろに平行して壁付け作業台」「石のバーカウンター」……など、特徴だけをあげるとそれなりにしっかりとはしている。

しかし、目を引くようなポイント、豪華さはなかったようで、「こうやって文字におこしてみると億ション感全く感じなくて残念」と綴る。

次ページ
■投機の影響もあり地価が高騰

この記事の画像(1枚)