忙しさに構ってほしい友人 忌引取得を伝え言われた嫌味に憤怒

女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」に周囲から言われた未だに許せないことのエピソードがつづられた。

人間関係

2019/08/04 16:20

連絡
( kokoroyuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』にこのほど、「未だに根に持っていること、許せないこと」と題した投稿がなされた。投稿主に忌引があったことを友人に伝えた際、言われた言葉を許せないようだ。


 

■仕事忙しいアピール

3年前、投稿主の友人は「仕事忙しい」と、しきりにLINEをよこしてきたという。ちょうどその頃、祖父が亡くなり投稿主は忌引を取った。

友人からの連絡に辟易していた投稿主は「今忌引で休んでいるから仕事のこと喋りたくない」と伝えると、友人から顔文字付きで「ふーん! 休み楽しんでねー」と嫌味がこもった返信をされたことを今でも忘れられないという。


関連記事:メールやLINEの返信は「即レス」のほうがいい? 好きな相手なら当然…

 

■産後休暇で夫から…

この友人の話を見た人からは、「そりゃあそんなのむかつくさ」「その子頭悪すぎて、忌引きを知らなかったんじゃないかなって感じの返信だね」と共感するような声が相次いだ。

一方で、「産後休暇の最中、『会社休めていいね』と旦那に言われた。一生忘れない」「ハイスペ彼氏を奪われたこと」のようにエピソードをつづったものもある。


■共感してほしい怒り、ある?

誰しも忘れられない怒りはあるようだ。怒りについてはこんな調査がある。

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,500名を対象に調査したところ、「誰にも共感されない怒りを覚えたことがある」と回答したのは4割未満に。

誰にも共感されない怒りを覚えたことがある

多くの人が共感できるような怒りを覚えたことがある人が多いようで、今回の投稿も共感されている。友人はそれほど仕事が忙しい自分に構ってほしかったのかもしれない。

・合わせて読みたい→彼氏に友人の話をしていると… まさかの返答に「イライラする」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年12月12日(金)~2014年12月15日(月)
対象:全国20代~60代の男女1500名

この記事の画像(2枚)