藤田ニコルが証明写真を撮ると… 「もはやプリクラ」「盛れすぎ」

免許や資料作成時にしか撮影されない証明写真。まじまじと見る自分の顔に驚くケースもあれば…。

画像加工アプリやプリクラの成長は日進月歩。女性の中には「久しく修正なしで写真を撮った記憶がない」という人も多いのではないだろうか。

そんな写真生活にドップリ浸かっている人を現実に引き戻してくれる存在が証明写真だ。


 

■無修正なのに…

証明写真といえば、履歴書作成や免許更新といったタイミングで撮影されるのが定番。タレント・藤田ニコルは13日午後に、撮りたての証明写真を自身のツイッターからアップしている。

どうやら藤田はパスポート更新のために証明写真を撮影した様子。「10年後にこの写真を見たら、『懐かしっ!』ってなるのか」としみじみ綴った投稿からは、やや上目遣い気味の表情で写る藤田が確認できた。

関連記事:一体何を証明するのか…?タイで証明写真を撮ると勝手に修正されるという衝撃

 

■どよめきの声

修正機能を駆使した写真ばかり撮っていると、たまに撮った証明写真が突きつけてくる現実は受け入れがたいもの。「土台の良さ」だけで見事な証明写真を撮った藤田に対し…

「これ本当に証明写真? めっちゃ盛れてる!」


「もはやプリクラと変わらないと思う」


「こんなにかわいい証明写真、初めて見た」


「証明写真なのに、プリクラの中の私より数倍かわいい…」


など、ネット上では反響の声が多数上がっている。


■数年使うからこそ…

「人生には3回のチャンスが訪れる」というが、撮り直しを含めて2回のチャンスしか与えられないのが証明写真。果たして、自分の証明写真に納得している人はどれくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集では全国20〜40代の免許証を持っている男女1,061名を対象とし、証明写真に関する調査を実施。調査の結果、全体の46.0%が「免許証の写真に納得いかない」と感じていることが判明した。

免許証の写真

上手く盛ることが困難な環境下で、プリクラレベルの写真を撮った藤田。10年後にパスポートを更新する際も、今回のようなクオリティを維持できるのだろうか。

・合わせて読みたい→杉良太郎が運転免許証を自主返納 「ちょっとでも不安があったら検討を」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20代~60代の免許証を持っている男女1061名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ