「アンパンマンは暴力的」と批判する親 立川志らくの持論に共感の声

『ひるおび!』アンパンマンのアンパンチで子供が暴力的になるのではないかと心配する親を、立川志らくがバッサリ。ネット上で反響を呼んでいる。

エンタメ

2019/08/14 05:30

アンパンマン

人気アニメ『それいけ!アンパンマン』の主人公・アンパンマンの「アンパンチ」によって乳幼児が暴力的になるのではないかと心配する親がいることが一部メディアで報じられ、大きな話題となった。

これについて、落語家の立川志らくが13日放送の『ひるおび!』(TBS系)で持論を展開し、反響を呼んでいる。


 

■暴力的だと思う親をバッサリ

アンパンマンが必殺技のアンパンチでばいきんまんをやっつける…というのは誰しも見たことがあるはずだ。しかし、一部ではこの解決方法が暴力的だとし、「子供が真似をしたら危ない」と考える親もいるよう。この話題はネット上でも話題になり、賛否さまざまな声があがっていた。

これについて志らくは、「アンパンマンを暴力的と思っている親の教育からやり直したほうがいい」とバッサリ。「そこでバーンとやったら(殴ったら)『ダメだよ』って教えるのが教育なのに、子供を全部無菌状態にしてろくな子供にはならないですよ」と語る。


関連記事:『それいけ!アンパンマン』の「めいけんチーズ」は交尾中にどんな声で鳴くのか?

 

■「親がおかしくなってる」と私見

さらに、志らくは「バイキンマンみたいに悪いことをするとひどい目にあうんだよ教えればいい。それをなんでもかんでもクレームをつけて。親がおかしくなってるってことですよ今の時代」と親の責任を主張する。

最近の親は「何を見たってクレーマーになっちゃうし、何を見たって批判する」とし、「そういうことを言う親は『アンパンチ』ですよ!」とアンパンマンにかけてコメントした。

次ページ
■ネットの反響は…

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ