「最長14年待ち」のコロッケが話題に 驚異の人気の理由を店主に聞いた

なんと原価が販売価格の2倍以上のコロッケが…

話題

2019/08/16 18:00

コロッケ
(画像提供:旭屋)

今あるツイートが話題を呼んでいる。そこには「2013年に注文したコロッケがもうすぐ…」と綴られていた。一体どういうことなのだろうか。この謎を探るべく、しらべぇ取材班は、このツイート主とお店を直撃。


 

■「ただのコロッケではなく人生」

話題のツイートは、「コロッケ待ってる間に上京して引っ越し2回して結婚しました」などというもの。林野さんがコロッケを心待ちにしていた気持ちは、どれほどだったかが良くわかる内容だ。


関連記事:茨城県・大洗の魚料理店『かじま』 カニコロッケの「カニの量」が異常なレベル

 

■コロッケへの思い語る

ツイートの投稿者・林野さんは、コロッケへの思い入れについてこう語った。

「当時就職のため上京したてでして、周りに友達もいないし仕事も上手くこなせなくて地元に帰りたい…と毎日思っていたのですが、このコロッケを予約することで『最低でもこのコロッケを東京で受け取るまで頑張るぞ』という踏ん切りとか時間制限の為に買いました。


おいしそうだったので純粋に食べたかったのもありますが(当時の私から見るとこのコロッケ結構高い商品だったんですけど、7年半後なら苦もなく買えているだろうという読みもちょっと入ってました)」


林野さんが、「人生」と想ったコロッケとはどのようなものなのだろうか。

次ページ
■苦難の歴史が…

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ