既婚者だと知りながらアプローチ 「割り切った関係」持ちかけられ…

好きになった相手が既婚者なら、諦める人が大半だろう。しかし中には知っていて、アプローチする人もいるのだ。

男女

2019/08/24 18:20

喧嘩
(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きになった人が結婚している場合には、「諦める」選択肢を選ぶ人が多いだろう。しかし中には、我慢ができずにアプローチしてしまう人もいるようだ。


 

■「既婚者と知っているのに…」4人に1人も

しらべぇ編集部では全国10〜60代既婚者の男女771名を対象に、「恋愛について」の調査を実施した。

自分が既婚者だと相手に知られているのに、アプローチされたことがあるグラフ

「自分が既婚者だと相手に知られているのに、アプローチされたことがある」と答えた人は25.8%と4人に1人はいるようだ。


関連記事:既婚者と知っていてもアプローチ 30代女性は気持ちを抑えられない?

 

■結婚していてもいいから

男女別では、若干だが男性よりも女性の割合が高くなっている。

自分が既婚者だと相手に知られているのに、アプローチされたことがある男女別グラフ

結婚していても、手に入れたいほどに魅力的だったようだ。

「職場の先輩から頻繁に飲みに誘われたので、何度も断るのも悪いと思い一度だけ行くことにした。そのときに、『前から気になっていた。結婚していてもいい』と言われ…。


そっちはよくてもこっちは嫌だから、勝手にいけるとか思わないでほしい。その後しばらく、先輩の顔を見るのさえ気まずい感じだった」(30代・女性)

次ページ
■人のものを奪いたいタイプの女性

この記事の画像(3枚)