『24時間テレビ』4人目ランナーの水卜麻美アナに「やっぱり!」の声

『24時間テレビ42』駅伝ランナーの4人目は。ネットで反響を呼んでいる。

エンタメ

2019/08/24 20:50

水卜麻美アナ

24日放送の『24時間テレビ42』(日本テレビ系)で、24時間駅伝に挑む4人目のチャリティーランナーが発表された。


 

■4人目のランナーは水卜麻美アナ

今回のマラソンは、「人と人~ともに新たな時代へ~」というテーマにちなみ、4人のランナーでタスキを繋ぐ駅伝方式。いとうあさこ、近藤春菜(ハリセンボン)、よしこ(ガンバレルーヤ)は発表されたが、あと1人は当日まで伏せられていた。

発表された4人目のランナーは、総合司会も務めている同局の水卜麻美アナウンサー。驚く出演者らに「黙っててごめんなさい!」と笑顔を浮かべた。


関連記事:『スッキリ』水卜アナに心配の声 「24時間テレビの後なのに…」

 

■『スッキリ』共演の加藤浩次も登場

会場には、水卜アナと近藤が出演している『スッキリ』(同系)でMCを務める加藤浩次も登場。近藤が「『加藤さんどうしますか?』って言ったら『温泉行く』って言ってたんですよ。だからもう今、ビックリ!」と驚くと、加藤は「温泉をキャンセルして来ましたよ!」と明かす。

そして、「他局の番組で俺(マラソンを)断念してるから。リタイアしてるから!」と笑わせた。


■ネットでは「やっぱり!」の声

発表を受け、ネット上では「やっぱり水卜ちゃんだったか」「わりとそう思ってた」といった声があがった。『スッキリ』を見ている視聴者は水卜アナの体型の変化に気づいていたようだ。


近藤とよしこは32.195km、いとうと水卜アナは42.195kmを走る。時間内にゴールしてほしいが、くれぐれも体調には気をつけてほしい。

・合わせて読みたい→『24時間テレビ』水卜アナが笑顔で激走も… 「沿道の光景」が物議

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ