いきなり10万円が手に入ったら何に使う? 富豪の国・ドバイで聞いてみた

かなり深い意見が…ドバイ人に聞いた10万円の使い道

提供:三井住友カード

12月29日まで三井住友カードが行っている、最大10万円の買い物が10万本タダになるチャンスがある『タダチャン!』キャンペーン。

キャンペーン期間中『三井住友カードVpassアプリ』にログインし、対象カードをネットや店で利用するだけで最大10万円が当たるかもしれないキャンペーンだ。

気が早い人は「10万円当たったらどうしよう! そんな大金が当たっても何に使うか困っちゃうよ!」と、いまから悩んでいることだろう。

 

■10万円の使い道を聞きに富豪の国・ドバイへ

じつは記者もそんな人の中のひとり。今回は悩める人たちのために、10万円の使い道を富豪が集まる国・ドバイで聞き、普通は思いつかないような使い方をインタビューすることにしたぞ。

一説には平均年収が3,000万というウワサもあるが、そんな国に住む人たちはいきなり手に入った10万円をどのように使うのか? まずは世界最大のショッピングモール『ドバイモール』で聞くことにした。

 

■ドバイの青年たちにインタビュー

まずインタビューに応えてくれたのは、ドバイ人の青年2名。いきなり10万円が手に入ったら何に使うか聞くと「サウジアラビアに旅行する!」とのこと。

ドバイは中東の一大観光地でもあるが、ドバイ人にとってサウジアラビアは人気の観光地らしい。

お次に話を聞いたのは、貫禄たっぷりなのにまだ25歳というドバイ人の青年・セコさん。10万円の使い道は「愛車のランエボの修理に使う!」とのこと。

なんと彼は日本の名スポーツカーに乗っているのだが、ドバイだと修理にお金がけっこうかかるそうだ。いまのところドバイ人でもわりと普通の使い方が多いな…というのが印象。

 

■CAのジャスティンさんの使い道

では、ドバイに住む外国人ならどうだろう? ということでインタビューしたのは、アラブの航空会社でキャビンアテンダントをしているシンガポール人のジャスティンさん。

10万円の使い道を聞くと「最新のスマホかな…でも、もし男性が私に使ってくれるなら10万円一気に使うのも嬉しいけど、少しずつ使って何回も会えたほうが嬉しいかも…」とのこと。

 

■パキスタン人・タリックさんの使い道

お次のインタビューは、ドバイでタクシー運転手をしているパキスタン人のタリックさん。なんと日本にも10年住んでいたことがあるらしい。

タリックさんの10万円の使い道は「日本で暮らす子供の養育費」。奥さんとは別れたもののいまでもメッセージを送り合う仲で、子供がすこやかに暮らせるよう仕送りもしているのだとか。

華やかなイメージのあるドバイだけど、こうして頑張って仕事をして、子供を育てている人もいるんだな…と、なんだか泣けてきてしまった。

 

■高級車が7台ある豪邸へ

参考になりそうな使い方もあったものの、ガチなお金持ちの意見も聞きたい! ということで向かったのは、とある親日アラブ人・アハメッドさんのお宅。

ガレージには日本の高級車がずらりと並んでおり、いま車庫にない車を合わせると7台もあるとのこと。

 

■アハメッドさん「10万円でパソコンを買う」

アハメッドさんに使い方を聞くと「10万円? そうだな…最近ゲームの中継をよくするから、中継用のパソコンが欲しいな(笑)」と、わりと普通な答えが。

その後も工事中だが自宅のプールを見せてもらったりしていると「もし明日時間があるなら、僕の考える“ベストな10万円の使い道”を教えるよ」と言われたので今日は一旦帰り、待ち合わせ場所へ向かうことに。

 

■10万円でロブスター?

アハメッドさんがいたのは、ドバイのちょっとお高いシーフードレストラン。彼いわく、まずはここで美味しいロブスターのチーズ焼きやその他の料理を食べるとのこと。

しかし、いくら物価の高いドバイと言っても2人で6,000円程度。ぜんぜん10万円に届かないんですけど!?

 

■タピオカ店と猫カフェへ

お次に向かったのは、ドバイならではの『タピオカラクダミルク』が飲めるカフェでスイーツを堪能。ここも使ったのは、1人1,000円ぐらいだ。

料理もスイーツも堪能したあとは、ドバイの一等地にある猫カフェで休憩。こちらも1人1,000円ぐらいで楽しむことができる。

うーん、2人で1万円しか使ってない。アハメッドさんは、これがなぜ“ベストな10万円の使い道”と考えるのだろうか? 帰りの車内で聞いてみると…

 

■10万円は絆への投資

「いきなり10万円が手に入ったからって、一度に使う必要はないよね。自分のために使うのもアリだけど、気になる子やもっと仲良くなりたい人と一緒に遊ぶための資金にするのが僕はいいと思う。

 

もしおごってあげたとしても1回1万円なら10回遊べるし、3万円でも3回遊んでお釣りがくる。それでお金では買えない絆が作れたとしたら、10万円以上の価値は必ずあるんじゃないかな?

 

今回はドバイのコースを紹介したけど、日本でも1万円あったら2人でけっこう遊べるよね。ぜひ自分で絆を深めるコースを考えてみてほしいな!」

 

と、なかなか深い意見をもらうことができた。確かに10万円当たっても、一度に使い切る必要はないよね…。

それにキャビンアテンダントのジャスティンさんも言ってたけど、少しずつお金を使って何回も会えたほうが、絆は間違いなく深まるハズ。

 

■確実に12,000円もらえる方法も

ちなみに、タダチャン! の当選は抽選だが、三井住友カードは現在新規入会キャンペーンを行っており、新規入会者限定で毎月の利用金額に20パーセント乗じた金額、最大12,000円をプレゼントしている。

たとえば1ヶ月の食費が6万円の家庭なら、1ヶ月三井住友カードを使えば1万2千円のプレゼントをゲット。連休のレジャー費用に使うなど、使い道は無限大だ!

こちらは新規入会者であれば確実にもらうことが可能なので、クレジットカードをまだ持っていない人は間違いなく今がチャンス

 

■三井住友カードのスゴいところ

また、三井住友カードはローソン、セブン-イレブン、ファミリーマートの大手コンビニ3社とマクドナルドで使うと、いつでもポイント5倍だったり、最大2,000万円の海外旅行損害保険や、お買い物安心保険など、いざというときの保険にも対応している。

さらに経済産業省が9カ月間『キャッシュレス・ポイント還元事業』をスタートしているのでキャッシュレス決済の手段を持っていないと、かなりの損である。

三井住友カードのドコがスゴいのか、こちらの記事でも詳しく説明しているので、気になる人は乗り遅れないよう、ぜひチェックしてほしいぞ!

新規入会者12,000円プレゼントキャンペーンを詳しく見る

タダチャン!(上限10万円分のお買い物がタダになるチャンス!)を詳しく見る

(取材・文/しらべぇ編集部 提供:三井住友カード)

この記事の画像(18枚)