人気ユーチューバー、“100万回再生で30万円”の噂に言及 「正直…」

「動画100万回再生で広告収入30万円」の噂について、人気YouTuberのPDRが言及。

動画

2019/11/06 13:30

子供たちの憧れの職業・ユーチューバー。「好きなことで生きていく」というキャッチフレーズが有名だが、現実的な話をすれば彼らは動画内に差し込まれる広告の収益によって、生計を成り立たせている。

この件について、人気ユーチューバーのPDRが動画でリアルな実情を告白。注目を集めている。


 

■「100万再生で広告収入30万」ってホント?

この動画で、PDRは「気になる記事がありました」と、YouTubeランキングサイト「yutura」が配信した「YouTuberとして生計を立てられるのは何人いる?」という記事について言及。

この記事では登録者数60万人を超える鈴木ゆゆうたが生配信の中で語った「ユーチューバーって保険もボーナスもないから、月30万円は稼がないとたぶん暮らせない」「30万円を稼ぐには月間の動画再生数が最低でも100万回は必要」と発言したことを報じ、100万回再生で30万円というのはUUUMの決算資料から算出した数値とも合致すると綴った。


関連記事:人気ユーチューバー、友人・マホトの逮捕に絶句 「人間が人間にすることじゃねー」

 

■200万回再生でも…

しかし、PDRによると「100万再生で30万稼ぐのは正直無理です」とのこと。登録者数30万人の自身のサブチャンネルを例にあげつつ、そこに動画をあげると月間の再生数はそれくらいいくものの稼ぎは3分の1程度だそうで、「200万再生のほうが現実的だけど、それでも厳しいと思う」と述べる。

その理由はGoogleが提供する広告のシステムによるもので、動画内につく広告は自分で選べないこと、その月やコンテンツによっても変わること、曖昧な基準で広告制限が入ることなどを語っていく。

また、そもそもUUUM所属のトップユーチューバーたちは一番いい広告がつく「グーグルプリファード」というプログラムを利用しているため、この数字は当てにならないようだ。

次ページ
■「ユーチューバーの鑑」

この記事の画像(1枚)