『ケンミンSHOW』で紹介の奈良県が誇る絶品団子 地元のロッチ中岡も絶賛

『秘密のケンミンSHOW』では奈良県の”だんご庄のだんご”を特集。スタジオからは絶賛の声が。

地域

2019/11/08 07:15

だんご
(okimo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

7日に放送された『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では、奈良県が誇る”絶品団子”を特集。スタジオからは「何本でもいける」と絶賛の声が続出した。



 

■「間違いない」とスタジオ興奮

その団子とは、明治11年創業の老舗和菓子店「だんご庄」で作られる”だんご庄のおだんご”。同県民へのインタビューでは、街ゆく人一同「感動するお団子」「もらったらテンション上がる」と太鼓判を押す。

さらに店舗に仕掛けたカメラには、ほとんどの客が10本単位で買っていく様子が映し出される。肝心なその中身とは、きな粉の団子であり、それも1種類のみの販売なのだそう。

通常イメージする団子よりも一回り小さく、きな粉はまぶしてあるというよりも、コーティングされているような見た目。これを見たスタジオは「絶対うまい!」「間違いない」と興奮状態となった。


関連記事:『イッテQ』ロッチ中岡、髪の毛凍る過酷ロケに悲鳴 「かわいそう…」

 

■地元のロッチ中岡も絶賛

実食のシーンでは、前評判通り他県代表のゲスト陣も一様に「これはうんまいわ」「こんな美味しい団子ある?」と舌鼓を打つ。なかには2本同時に口に運ぶ強者も…。

だんご庄がある同県橿原市出身のロッチ・中岡創一も「改めてなんでこんな美味しんやろ」と首を傾げ、「それを今日皆さん考えてください」とスタジオに振り、笑いを誘った。

次ページ
■「”追いきな粉”がいい」

この記事の画像(1枚)